AY 庭とパティオのある家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた家です。

今週のベスト5アイデアブック(4月8日)

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

今週最も読まれた5本のアイデアブックを紹介します。どんな記事が多く読まれているかを知ると、多くの人が求めているデザインや建築がわかるかもしれません。是非今週のベスト5アイデアブックをチェックしてみて下さい !

1位、煙突のような形のトップライトがある家

chimney: nestが手掛けた家です。
nest

chimney

nest

山口県の市内に計画された平屋建ての住宅を紹介します。コンパクトで程よい開放感が魅力的なこの住まいは、建築事務所・NESTが手がけました。色々な開口によって外部と繋がる心地良い住まい、さっそく見てみましょう。

▶記事はこちらから◀

2位、横浜の高台に建つラグジュアリーな家

山縣洋建築設計事務所が手がけたモダンでラグジュアリーな住宅を紹介します。シンプルな箱型の建物に設けた様々な外部空間と内部空間の間に多様な関係性が生まれる豊かな住まい。高台という立地を生かした開放感溢れる住空間は必見です。さっそく見てみましょう。

▶記事はこちらから◀

3位、北海道の長く厳しい冬でも快適に過ごしていける家の5つのポイント

北海道では夏よりも冬の方が長いことから、冷房よりもむしろ暖房を利用する期間が長くなります。そうしたことから、住まいづくりも長く厳しい冬を快適に家の中で過ごしていけるようにしていくことが大切になります。そこで今回は、北海道の冬を家の中で心地よく過ごせる住まいにしていくためのポイントを紹介していきたいと思います。こうしたポイントは、温暖な地域の冬の寒さ対策としても参考になりますので、夏の暑さに加えて、冬の寒さの中でも快適に過ごしていける住まいづくりをしてみて下さい!

▶記事はこちらから◀

4位、安積平野に建つ大きなバルコニーのある木の家

ご紹介するのは多様な住空間を叶えた自然素材の住宅です。延床面積25.5坪に住まう4人家族のためのコンパクトな住まいは、外観に見る大きな二階バルコニーが特徴的で、木素材の温かみや開放感あふれるフレンドリーでワイドな開口が柔らかな町並みに溶け込む気持ちのいい住まいです。清建築設計室/SEI ARCHITECTが手がけた「あつみづのいえ」は、ただ素材や大開口にこだわったわけではありません。コンパクトなヴォリュームの中にはスキップフロアで構成された広がりを感じさせつつも、家族のそれぞれの居場所を生み出しています。地下階には籠れるワークスペースも。多様で居心地のいい住空間が広がっています。

▶記事はこちらから◀

5位、沖縄で上手に家づくりをしていくための基本知識

沖縄は日本の最も南に位置する地域であり、日本の他の地域と比べると非常に特徴的な気候風土です。そのため、そこでの家づくりも気候風土などを踏まえて、上手にそれに合わせて計画していくことが住まいづくりを成功させるためにとても大切なことになります。そこで今回は、沖縄で上手に家づくりをしていくための基本知識を紹介していきたいと思います。地域の伝統的な住宅づくりも参考にしながら、快適に長く住み続けられる住まいにしてみて下さい!

▶記事はこちらから◀

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!