ホワイトベースのインテリア

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

ホワイトベースのインテリアというと、どんなお部屋を想像しますか?シックで洗練された、都会的なイメージがある一方、無機質でオリジナル性に欠けるといったネガティブなイメージもあるかもしれません。けれどオリジナル性に欠けるということは、裏を返せば、どんなインテリアのスタイルでも馴染むということです。白を基調とするインテリアは、逆に個性的になるかもしれません。今回は白をベースとしたホワイトベースのインテリアをご紹介したいと思います。

白は明るく、くつろぎのイメージ

まずご紹介したいのは、東京のリノベーション会社、スタイル工房が手掛けたこちらのリビング。壁や天井の色は全て白で統一されており、まさに白をベースカラーにしています。白は明度が最も高い色のため、インテリアの基調にすると、部屋の中が明るくなります。しかも、壁面はご夫婦で珪藻土をDIYされたとのこと。ナチュラルな木のぬくもりとともに、居心地の良く、くつろぎやすい雰囲気のスペースになっていますね。観葉植物の緑色もお部屋にとても映えています。

モダンな雰囲気を演出

コンパクトで機能的なキッチン: 星設計室が手掛けたキッチンです。
星設計室

コンパクトで機能的なキッチン

星設計室

キッチンにモダンな雰囲気を加えたい方にもお勧めのホワイト。星設計室が手掛けたこちらのお住まいは、家電や食材など色々なものを収納できる十分なスペースがキッチンに確保されており、なんとも羨ましい限り。天井や壁とともにシステムキッチンも白で統一され、モダンな雰囲気です。白は清潔なイメージがあるため、キッチンやバスルームなどの水周りに最適な色でもあります。

写真:永石写真事務所

カジュアルなインテリアにも

リビング - 子育てをコンセプトにした住まい「育みの家」: ジャストの家が手掛けたリビングです。
ジャストの家

リビング – 子育てをコンセプトにした住まい「育みの家」

ジャストの家

そして白は、カジュアルなインテリアにも向いています。こちらのオリジナルなリビングは、ソファやクッションのテキスタイルがジーンズ生地でできた、とてもカジュアルなものですが、ホワイトベースのお部屋によくなじんでいます。無造作に置かれた黒い額縁の絵や、旗をつなげたような楽しいデコレーションも、白い背景だからこそ引きたつ装飾ですね。

写真:ジャストの家

スタイリッシュなインテリアにも

decoraCCionが手掛けたリビング
decoraCCion

Foto: Patricia Gallego para Mí Casa. HEARST magazines I España.Reforma vivienda Chic and Cheap. Salón Chic and Cheap

decoraCCion

同じく白をベースとしたこちらのお部屋は、とてもスタイリッシュなインテリアが印象的です。差し色の黄色や赤色以外、目立つ色を用いていないものの、アシメトリーなラグマットやサイドテーブルなどの小物使いで、インパクトのある空間となっています。右手前の、差し色として使われている綺麗な黄色の置物、ソファ横の年季の入ったトランクのような収納、透明の椅子や、大ぶりの観葉植物まで、どれを取っても素敵です。そして何よりソファやその向かい側に置かれたメディアシェルフ、そして壁からなるホワイトのグラデーションも見逃せません。

どんな色でも合う!

白の良いところは、キャパシティーが広く、他のどんな色とでも合うところ。こちらの部屋は採光が良く、その上白の面積が大きいので、とても明るく見えます。そしてインテリアに使われている色は寒色・暖色それにゴールドと様々で、トーンも色々ですが、全ての色が、白い空間に馴染んでいますね。もし他の色味をそれほど使わず、インテリアをアースカラーでコーディネートするとしたら、落ち着いた雰囲気に、黒をたくさん使えばモダンでシックなイメージにと、合わせる色によって、白は表情を変えることができます。

どんなスタイルでも合う!

前述のように、合わせる色によって、白はイメージを変えることができます。ということは、どんなインテリアのスタイルにも合うということですね。壁や天井など、大きな面積を占めるものを白にしておけば、好みのスタイルが変わっても、比較的簡単に部屋の雰囲気を変えることができます。こちらのお部屋は白一色の入れ物に、ビビッドなピンクやゴールドのコントラストが効いています。

白を基調にすると、お部屋のイメージは自在に変えられますね。コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!