日名内村の家: dygsaが手掛けた和室です。

土間のある家best5 – 暮らしに寄り添い豊かな空間を生む!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

靴を脱ぐライフスタイルが主流の日本では、玄関やタイルなど、靴を脱ぎ履きする場所が明確に分かれた間取りが特徴です。洋風のライフスタイルに伴って、室内は畳からフローリングへと主な素材が変化してきました。LDKは間仕切りのない広々した空間が人気がありますが、そこに土間が加わると空間の使い方がぐんと広がります。今回ご紹介するのは、土間のある家Best5。暮らしに寄り添う土間のある空間が豊かなライフスタイルを生む、素敵な家を見てみましょう!

夫婦とペットが快適に暮らす平屋

キリコ設計事務所の手がけたこちらの家は、高知県南国市の郊外に建ちます。住まい手ご夫婦と 犬・猫たちのために田畑を借景とする穏やかな地に計画がなされました。周囲からプライバシーを確保できる板塀で囲まれた庭と室内は広々とした土間と広縁でつながれ、内と外を互いに回遊できるのびのびとしたプランが特徴です。薪ストーブのある長手の土間を抜けると、中庭として利用できる広めの土間があります。トップライトとリズムのあるルーバーが光を導き、プライバシーを確保しながら明るく心地よいアウトドアの雰囲気を楽しめる空間となりました。本住宅については「土間と庭のある和モダンな平屋の家」で詳細をご紹介しています。

限られたスペースを心地よく過ごす都市型狭小住宅

透け天井から光を取り込むリビング: タイコーアーキテクトが手掛けたリビングです。
タイコーアーキテクト

透け天井から光を取り込むリビング

タイコーアーキテクト

タイコーアーキテクトの手がけたこちらの家は、敷地面積が約65㎡という狭小地に建つ住宅です。空間に広がりを生み出すこと、採光や暮らしの快適性をどう確保するかという課題に向き合い、都市型のコンパクトな空間の中に必要な機能性と居住性をぎゅっと詰め込んでデザインされました。必要スペースには優先順位をつけた結果、「使用頻度は少ないけれど重要」な玄関土間は思い切ってリビングに寄り添うスペースとしてレイアウト。結果的にオープンで開放的な雰囲気を生み出し、用途的にも自由さが広がるようになりました。限られた面積の中に無駄を感じさせない、住みやすく快適な住宅に仕上がっています。本住宅については「空間をフル活用するスタイリッシュなコンパクトハウス」で詳細をご紹介しています。

木のぬくもりをたっぷりと感じられるリノベーションハウス

株式会社山崎屋木工製作所 CURATIONER事業部の手がけたこちらの家は、長野県産材唐松材をふんだんに使った空間が魅力のリノベーションによって生まれた住まいです。外観から室内まで、またサッシも木製のオリジナル製品を使うことで断熱性と居住性が大幅にアップ。肌触りの心地よい無垢材が室内にもたっぷりと使われています。トップライトと大きな窓から光が差し込むリビングは、薪ストーブのあるスペースと土間のサンルームが一体となり、自然豊かな環境に溶け込む時間を楽しむことができます。思い思いの場所でゆったりと寛ぎたくなる自然派の住まいに仕上がりました。本住宅については「人と自然の温もりを感じる家」で詳細をご紹介しています。

おおらかな屋根に包まれた平屋の住まい

大きな一枚屋根の下で: エヌ スケッチが手掛けたダイニングです。
エヌ スケッチ

大きな一枚屋根の下で

エヌ スケッチ

エヌ スケッチの手がけたこちらの家は、平屋を内外の空間を一体にさせるような屋根でまとめた住まいです。広々とした室内はもちろん、テラスやデッキも覆う屋根で外の暮らしも十分に楽しむことが可能です。玄関からテラスまでが繋がるデッキによって余白のある広がりが魅力的なファサードにもなりました。玄関はホールとしてではなく、薪ストーブのあるスペースまで広々とした土間があり、キッチンとの間はオリジナルの造作シェルフで仕切られました。暖かな炎を灯す薪ストーブがナチュラルモダンな空間にすっきりと馴染んでいます。本住宅については「大きな一枚屋根の下に家族が集う家」で詳細をご紹介しています。

絶景の広がる丘に建つ週末住宅

日名内村の家: dygsaが手掛けた和室です。
dygsa

日名内村の家

dygsa

DYGSAの手がけたこちらの家は、広島県の景色に恵まれた地に計画された週末住宅です。豊かな山間の自然が広がり、都会の喧騒を離れて過ごす時間は特別なものとなるでしょう。コンパクトな長方形の平屋のファサードはすっきりとしたモダンな佇まいであり、景色が眺められる大きな窓と、のびのびと過ごせる広い室内で構成されています。室内の半分に近いスペースは土間、LDKは段差のある小上がりでレイアウトがされ、家のエントランス側から景色の素晴らしい側までを貫く通り土間スタイルです。。大きな窓を解放させると、自然に身を置いたように内外の境界を感じず心地よい風を身を持って体感できます。ゆったりと週末に過ごす空間にふさわしい、伸びやかで木のぬくもりに溢れた住まいに仕上がりました。本住宅については「圧倒的な風景の中に建つ週末住宅」で詳細をご紹介しています。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

土間が暮らしに広がりを与える家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!