天井の高低差が空間を豊かにするリビング・ダイニング: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたダイニングです。

住宅密集地に建つ明るく開放感のある家

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するシーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたこちらの住宅は住宅密集地にある旗状敷地に建っています。難しい立地条件ではありますが、その立地特性を生かした設計で、住宅密集地に建っているとは思えないのびやかで広がりのある空間が実現しています。では早速見て行きましょう。

​旗状敷地に建つ住まい

ご紹介した通り敷地は住宅密集地にあり、区の定める地区計画上、耐火構造であることが求められました。さらに遮音対策の面からも鉄筋コンクリート造が最適との判断が下されました。この住まいの建つ旗状敷地とは、文字どおり旗型の形状をした土地のことで、前面道路の間口に接する部分は狭く、住宅が建築される奥の敷地までが通路となっています。通りからは建物の様子を垣間見ることしかできませんが、逆に中の様子が伺えないのはプライバシー確保の面からは有効です。外壁に採用された落ち着いた色合いのボーダータイルと軒裏に使われたパイン材があたたかみのある外観を生み出しています。タイルはそのデザイン性のみならず耐久性、メンテナンス面で優れた素材です。

​周囲の視線を気にせず過ごせるプライベートテラス

タイル壁の左側にはリビングに面したテラスが位置していますが、通りからは見えないプライベートテラスとなっています。さらにこの位置は陽当たりの良い場所のため、住宅密集地とは思えない明るく広がりのある空間が広がっています。テラスの床にはやわらかな風合いのある素焼風のタイルが敷きつめられ、家族の憩いの場を演出しています。テラスに面して位置するリビングには吹き抜けおよび2層分の大開口が設けられ、冬でも十分な採光を確保し明るく開放的な空間を実現しています。その一方で2層に渡って出の深い庇を設けることによって、夏場の強い日差し対策がなされています。上部の庇には内部の天井との連続性を確保するためにパイン材が使用されています。

​玄関脇の手洗いスペース

玄関脇には手洗いが設置されています。こちらも温かみのある色合いのタイルが貼られたほっと落ち着くようなデザインです。家族が外出前後に身だしなみを整えたり、この向かい側にある客間に寝泊まりするゲスト用の手洗いとして利用されます。

​吹き抜けと大開口のあるリビング

 天井の高低差が空間を豊かにするリビング・ダイニング: シーズ・アーキスタディオ建築設計室が手掛けたダイニングです。
シーズ・アーキスタディオ建築設計室

天井の高低差が空間を豊かにするリビング・ダイニング

シーズ・アーキスタディオ建築設計室

テラスに面した吹き抜けのあるリビング。2層にわたって設けられた大きな開口は周囲の視線が気にならない位置に確保されています。階段側からも光が差し込み、とても明るく開放感あふれる空間ですね。また吹き抜けを見上げると2階のテラスとのつながりも感じることができるます。庇と連続するパイン材の天井はナチュラルであたたかみのある印象を与えます。

​中庭に面するダイニング

シンプルながらモダンな家具でまとめられた落ち着いた雰囲気のダイニング。こちらは中庭に面しており、庭に植えられたコハウチワカエデを眺め季節の移ろいを感じながら食事をとることができます。

​空間を「離してつなぐ」中庭

中庭はダイニング、和室、ワークスペースに囲まれています。各スペースに通風、採光をもたらすとともに、空間を分けつつ、視線と気配を通してつながりをもたらすバッファゾーンのような役割を果たしています。

​広々としたコートテラス

2階には広々としたコートテラスが位置しています。正面にはリビングの吹抜け、右側には階段室、左にはコートテラスを通って入る書斎がそれぞれ位置し、ここでも空間のつながりを感じることができます。

住宅密集地に建つ明るく開放感のある家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!