自分でできる階段修理のコツ | homify

自分でできる階段修理のコツ

A.Imamura A.Imamura
nimmrichter architekten ETH SIA AG モダンスタイルの 玄関&廊下&階段
Loading admin actions …

家の中でも脇役になりがちな階段。でも、やっぱり毎日、上り下りする階段は、安全で美しい状態を保っておきたいですよね!階段張替えや階段補修を考えている人におすすめ、今回は、階段にできた小さな傷やへこみなどを自分で階段修理するコツをご紹介します。古い階段のDIYからお家のケアを学んでみましょう。

古い階段のDIY、階段修理の目安は?

古い階段のDIYの時期は、「階段を上り下りする時の軋む音がかなり大きくなってきた」時。それは、木が痩せてきた可能性があります。きしみ音をなくすために、まずは、階段の裏側を開いてみて、なぜきしみ音がするのか原因を探ってみましょう。自分で階段修理をする場合は、階段の本体との合わせ目にコーススレットを打ち込むなどの補強をすると軋み音がマシになります。でも、軋み音の原因が虫食いやシロアリの場合はプロに相談するのが良いでしょう。


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の階段を紹介しています◀

※ 階段の写真ページ

階段修理時に塗装を剥がす

古い階段のDIYをしてみたい人は、例えば、無垢の木肌をみせて階段の雰囲気を変えてみるのはどうでしょうか。DIYショップの塗料コーナーにある剥離剤(塗料剥離剤)で全体的に塗装を剥がしてから、仕上げに電動サンダーで階段をやすってみましょう。写真のUNICO DESIGN一級建築士事務所

が手がける階段の様に、木そのものの味わいが家にナチュラルで明るい印象をもたらしてくれます。


【模様替えについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています】

 狭い部屋の模様替えは?

階段についた深い傷や破損

深い傷のついた古い階段のDIYをするならば、DIYショップで販売されている補修用クレヨンで修正できるかもしれません。また、半田ごてのようなもので補修剤をとかしこむものがありますこれならすぐ硬化し、木目を書くこともできます。コンクリートや石の階段の場合、欠けたパーツが残しておいて、前処理としてシリコーン剤で接着したり、モルタルで階段補修するのがおススメです。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している塗装会社

階段のへこみ

古い階段のDIYでへこみを修理するには、上の塗装面に全く問題ないなら1センチ間隔くらいで針で小さな穴を開けそこに水滴を垂らしておいてください。そうすると木の部分が水分を吸って二、三日で元の状態に戻るといわれています。または、DIYショップで購入できる階段補修材(バンスティック)を使用してみましょう。階段フローリングにあう色や透明色を選べば、自分でもかなり綺麗になるはずです。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 スペースが少ない家に最適な階段17選

ダメージの具合で

Family Home in Winchester's Sleepers Hill Martin Gardner Photography クラシカルスタイルの 玄関&廊下&階段
Martin Gardner Photography

Family Home in Winchester's Sleepers Hill

Martin Gardner Photography

階段補修が上手くいかない場合は、カーペットをかけて階段張替えし隠すという手があります。階段張替えとしてカーペットは、海外でもよく階段補修としてではなくデコレーションとしても使用されており、エレガントな印象を演出できるほか、滑り止めや、再び階段の傷を深くしないようにする利点があります。

階段の軋み始め

階段が軋み始めたならば、階段の木が痩せてきた可能性が高いです。少し気になる程度ならば、こちらイギリスのSTUDIO 29 ARCHITECTS LTDが手がける階段の様に、階段張替えとしてカーペットに変えると良いでしょう。まずは防音やすべり止めマットとして使用し始めてください。もし、軋みがまだ目立つようならば、階段補修が必要です。

Photograph: James Tarry

本格的な古い階段のDIYは?

まず本格的な階段張替えは、階段板を撤去し、中の汚れやほこりを掃除機で吸い取り掃除をしましょう。それから、内側で板を支えるための角材で補強していきます。かなり手間と時間のかかる階段修理になりますが、DIY好きの人は一度試してみてはどうでしょうか。

階段張替え時の色選びは?

階段張替え時に考慮したいのは、その色選びです。窓がなかったり、吹き抜けでない場合は、階段スペースが暗くなってしまいがち。そのため、なるべく光を反射する明るい色が良いでしょう。また階段と廊下の境界に違和感のないクロス選びも大切なポイントです。例えば、廊下がホワイトならベーシックなホワイトを選ぶなど、照明を美しく生かし明るい階段スペースをつくりましょう。

木造階段の美しさ

木造階段板には傷が付きやすく、またその傷から汚れが入ってしまいがちです。まずサンドペーパーをかけ傷や汚れを取り除きましょう。小さいお子さんがいる人には、階段の塗料材はウレタン系のクリア塗料がおススメです。また、塗装面にニスを塗ろうとしても塗膜にはじかれうまく塗れません。ニスを塗る場合は、塗膜が無くなるまでしっかりペーパー掛けをしてください。ひと手間で、あっという間に美しい木造階段の魅力を取り戻します。

【階段については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 折り返し階段で安全な階段に!その知っておきたい基本知識

※ 階段の種類とそれぞれのメリット

追記:補修時に階段の滑り止めを考える

家庭内の事故が起きる場所と言えば、やはり階段です。階段の滑り止め対策を行っておくと段差による転倒防止に役立ちます。階段の滑り止めテープには色々な種類があり、足元が光って転びにくくなる蓄光ライト入りの滑り止めテープやゴム素材など様々です。また階段の滑り止めとしても効果的なコルクマット素材も良いでしょう。こちらの階段はステンレス製、階段の滑り止めは無垢彫り込みでデザインが一体化しておりスッキリと見えます。

追記:安全な階段の手すり

高級感のあるスチール階段 LobeSquare 階段 金属 黒色
LobeSquare

高級感のあるスチール階段

LobeSquare

古い階段のDIYと一緒に、階段の手すりをつくってみましょう。何気なく使っている階段の手すりですが、階段の手すりは安全面において大切です。階段の手すりは、大人から子供まで使い易い様に使用する人にあわせて大人用、子ども用と上下2段につける方法があります。

古い階段のDIYで楽しくお家のケアをしてみましょう。是非、コメントを書いてください!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!