外観: 石川淳建築設計事務所が手掛けた家です。

光庭のあるラグジュアリーな都市型住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

石川淳建築設計事務所が手がけた瀟洒な佇まいの住宅を紹介します。駅に近い市街地に計画されたこの住宅は、プライバシーに配慮した開口の位置や光の取り入れ方を工夫した開放感溢れる内部空間が魅力的。シンプルでミニマルなデザインでありながらも変化に富んだ豊かな住まいです。

スリット状の横長窓がアクセントになった外観

一戸建ての住宅やマンションに囲まれた敷地の隣の駐車場にも将来的に中層の建物が建つ可能性があることから、プライバシーに配慮したデザインを採用。大きく開放的な開口の代わりにスリット状の横長窓によって採光を確保しつつ眺望を取り入れています。真っ白な外壁に黒をアクセントに添えたモダンな外観が周囲と一線を画しています。シンプルな箱型の形態に軸を振った特徴的な壁は光庭を囲み、周囲の視線を遮りながらプライベートな外部空間を作り出しています。

真っ白な空間で明るさを演出

ブラックのモダンな玄関を入ると玄関土間を挟んで内部空間が広がります。床から壁そして天井を明るさを強調する白で統一したスタイリッシュなデザインが目を引きます。土間上部に架かる階段にはブラックを使い、真っ白な空間を引き締めています。

光庭と続く趣きのある和室

土間玄関の右手には素朴な雰囲気の畳がお洒落な和の空間を配置。斜めの外壁によって生まれた三角形の光庭から採光を取り入れています。土間を挟んでいるのでちょっとした離れのような雰囲気が味わえる和室は、客間や寝室、ご近所との交流の場など多目的に使えそうですよね。壁を一部ダークな配色にすることで空間が引き締まり、シンプルなデザインの中にメリハリを持たせています。

遊び心を加えた変化に富んだ空間構成

中間階には納戸を配置。真っ白でストイックなこちらの居室には可愛らしいブランコが設置され、遊び心溢れるアイデアが素敵ですよね。奥のハイサイドライトは道路に面した横長窓の一部。視線を遮りながら十分な採光を確保しています。「屋上テラスのあるハコ型の家」も同建築家が手がけたスタイリッシュな住まい。是非光の取り入れ方を参考にしたいプロジェクトです。

外部と程よい関係を作り出すLDK

2階は家族みんなが一緒に過ごすLDKを配置。スリット状の横長窓はちょうどカウンターの高さに設定され、プライバシーに配慮しつつ外部の環境と程よい対話が生まれます。この階は経年変化が楽しめそうな味わいのあるウッドフロアを採用。モノトーンのクールになりがちなインテリアに温かみを添えています。スキップフロアで半階上がった位置に設けたバルコニーと階段を介して繋がり、明るく広がりを感じられるLDKを演出。

是非参考にしたい光の取り入れ方

階段の踊り場に透明の素材を使うことで上階からの光を暗くなりがちな階段周りに取り入れています。プライバシーへの配慮から周囲に対して閉じたデザインを採用していますが、上部からの光や開口の位置、そして素材の選択によって想像以上の明るさと開放感が感じられる住まいが生まれました。モノトーンのクールな配色と内外空間が程よく融合する抜け感のあるスタイリッシュな都市型住宅、素敵ですよね。

光が注ぎ込む階段で繋がる明るい内部空間が魅力的ですよね。皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!