キッチンからLD方向を望む: 一級建築士事務所 Atelier Casaが手掛けたリビングです。

皆が集える居心地のいい住空間リノベーション

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

新築住宅と中古住宅、魅力を感じるのはどちらですか。将来のプランや予算によってどちらも比較しがたい魅力を持った住まいですよね。コストを抑えながらも、住み手の生活スタイルに合わせたプランが創れるのは中古住宅が一番理想的かもしれませんね。ご紹介するのは中古物件のリノベーションを前提にプランされた集まれる空間のある住まい。一級建築士事務所 ATELIER CASAが手がけたこちらの「集う家/リノベーション」は、築34年になる中古住宅が一変、広い土間スペースと木素材の温かみあるインテリアが特徴的なシンプルな住空間が広がっています。全部が新しくなくていい、こだわりたい部分を満足いくまで仕上げられた住み手にとって満足のいく充実の住空間が広がっています。

木素材に包まれた温かみのある空間

築34年になるというごく一般的な間取りの企画中古住宅から誕生した本住宅、リノベーションされた空間は木素材の温かみを存分に感じられる住空間が広がっています。友人の多いお施主さんご夫婦のために、気軽に仲間と集える空間が最も特徴的なプランかもしれません。インテリアは明るめのトーンの木素材をベースに、アクセントで散りばめられたような階段の桁や照明、薪ストーブなどブラックカラーが空間を引き締めるメリハリのある空間です。

個性的なテクスチャが迎える玄関エントランス

玄関エントランスへと進むと最初に迎えてくれるのはちょっぴり個性を感じるテクスチャの壁。スポットライトの照明を当てれば凹凸に陰影が浮かび、訪れる人の目を楽しませてくれます。コンクリート土間の簡素さと壁面テクスチャの複雑さがバランスよく調和しているようにも感じられますよね。

過ごし方は色々に寛げる空間

玄関エントランスを抜けると、そのままダイニングスペースの様な、リビングスペースの様な曖昧な空間へと続きます。空間の半分は玄関エントランスから続くコンクリート土間のフロア、もう半分は木フローリング仕上げという、まったく違う過ごし方を共有できる面白味のある空間です。来客も気軽に寛げるフレンドリーなスペースに。

シンプルでスッキリとしたキッチン

スキップフロアで一段上がったフロアにあるキッチンスペースへ。丸みのかかった出入り口はちょっぴり柔らかさを感じる心地のいいデザイン。ホワイトカラーをベースにしたシンプルで明るく清潔感あふれるインテリア。家族の顔が見えるセミオープンスタイルでコミュニケーションも豊かになります。一直線の導線は背面にも大容量の収納が設けられ機能的にも使い勝手のいいキッチンです。

現代のスタイルに合わせたスタイリッシュなインテリア

大きく広がる土間スペースによってダイニングスペースの様な、ワークスペースの様な、カフェのように過ごせる様な多様に活用できる空間です。プライベートスペースへはスキップフロアで徐々に分節していくことで意識的に分離されているような感覚に。魅せる場所、プライベートな空間、それぞれメリハリを持った現代風のスタイリッシュな住空間です。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼

募集ページはこちら

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!