homifyが手掛けたダイニング

自宅にアートを飾るには?ベストな方法まとめ

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

アートは敷居が高いと思っていませんか?そんなことはありません。思い出の写真を飾ったり、旅先で買ったポストカードを飾るのと同じ感覚で楽しめば良いのです。いくつかの具体的な飾り方を紹介します!

自宅にアートを飾るベストな方法まとめ

homifyが手掛けたダイニング

アートを飾ってみよう!と思い立ったのはいいけれど、何をどこに飾ればいいのか分からない。そんなあなたのためにおすすめのアートとお部屋の組み合わせを紹介します。

絵画を寝室に

アートを飾る定番かつとてもクラシックな方法が絵画を寝室に飾ることです。油彩や水彩、日本画、素描などジャンルは問いません。基本的にあなたの好きな画家の好きな作品を飾りましょう。ただ、作品の色調には気を付けた方がいいかもしれません。あまりに暗い色調で描かれたものは気分を憂鬱にさせることがあります。ベッドのヘッドボード側の壁に左右対称に設置すると、簡単にエレガントでクラシックな寝室を作ることができます。

オブジェをリビングルームに

EGGが手掛けたリビング
EGG
EGG

リビングルームにも絵画を飾ることはできますが、もしあなたの家がモダンスタイルやミニマルスタイルであるのなら、ぜひ彫刻などのオブジェに挑戦してみて下さい。スペースに余裕があれば窓際や視線が集まる動線の先などに作品を設置すると、アイキャッチとなるだけでなく美術館のような印象的な空間を演出できます。スペースに余裕のないリビングルームでは、オープンシェルフや本棚に小さな作品をうまくディスプレイしてみましょう。

写真をバスルームに

お風呂や洗面所、トイレなどでアートを楽しむ人はまだまだ少ないかもしれません。けれど狭い空間だからこそアートが生きる場合もあります。おすすめは写真です。シリーズになっている連作を並べて飾ったり、自分で決めたテーマに沿った写真作品を集めたりして小さなギャラリー空間にしましょう。写真フレームの太さや色を統一するとより洗練された雰囲気を作ることができます。お風呂やトイレは独りになる場所です。そんな時にふとアートが目に入ったら、いつも以上に心に響くかもしれません。

デザイナーズ照明をキッチンに

ARQ_IN が手掛けたキッチン

デザイナーズ照明も広い目で見ればアート作品です。特に照明は実用的かつ空間の印象を大きく左右するアイテムなので、洗練された個性的なデザインを選んでお部屋をクラスアップさせましょう。おすすめはキッチンにデザイナーズ照明です。キッチンは実用性と機能性に特化した場所なので時に味気ない印象になることもあります。そんな場所にデザイナーズ照明を投入すれば、一気に場が華やかにアーティーな雰囲気漂うおしゃれなキッチンになります!

インスタレーションを階段室に

KaleidoscopeⅡ: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
澤村昌彦建築設計事務所

KaleidoscopeⅡ

澤村昌彦建築設計事務所

上下階をつなぐ縦の空間である階段室は室内でも特殊な空間です。ぜひこの条件を生かしたアートの展示をしてみましょう。ダイナミックで印象的な光と影を作る照明を設置して階段室自体を大きなアート作品のように演出したり、階下に届くほど長い形状のテキスタイル作品などを設置したりなど、空間をうまく使うと独創的な雰囲気を演出できますよ。こちらは澤村昌彦建築設計事務所による住宅です。

デザイナーズ家具を一番お気に入りの部屋に

世代を超えて愛される名作家具。椅子やソファ、テーブル、シェルフ、照明など好みは人それぞれですが、もしそれらを手に入れられたのならあなたの一番お気に入りの場所に設置しましょう。リビングや寝室、テラスや陽当たりのいい廊下などどこでもいいのです。居心地のいいお気に入りの場所で名作家具を眺めたり体を預けたり… 。至福の時です!

地元の工芸品を庭に

石材や木材を使ったものや陶器などの工芸品は、庭や縁側などの半屋外スペースに飾りましょう。特に庭が日本庭園である場合は、古典的な灯籠や石材で作られた動物の置物などがぴったり。奇をてらわず伝統的なスタイルを楽しみましょう。

自宅でアートを楽しむ方法いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!