軽井沢にある平屋の別荘で緑に囲まれて暮らす | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

軽井沢にある平屋の別荘で緑に囲まれて暮らす

K.Yokoyama K.Yokoyama
軽井沢の別荘(SIM邸): アトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSが手掛けたリビングです。,
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、軽井沢にあるゆったりとした平屋の別荘です。敷地の周辺には豊かな森が広がっており、心も体もリラックスして過ごせる快適な住空間が見事に実現しています。週末に避暑地でのんびりするための別荘が欲しいという方や、自然に囲まれてゆったりと暮らせるセカンドハウスを希望する方には、家作りのための何か参考になるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは栃木県を拠点に活動するアトリエ慶野正司 ATELIER KEINO SHOJI ARCHITECTSによって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

軽井沢の別荘

ロケーションは日本有数の別荘地である長野県の軽井沢。周辺は豊かな自然に囲まれ、恵まれた環境が特徴です。住まいの敷地はゆるやかに傾斜しており、その傾きに合わせて建物の配置が少し「く」の字に折り曲げられているのが印象的。また周りの緑の風景に馴染むように住宅の高さは控えめにし、横方向にゆったりと空間を取った自然の中に静かに佇む平屋建ての別荘となっています。

緑に包まれる家

傾斜のある敷地ですが、コンクリートの基礎によって建物をしっかりと安定させ、また全体的な高さを調整しています。外壁は黒く塗装された杉板貼りで色味だけでなく素材の深みも感じられ、上品で落ち着きのある佇まい。片流れ屋根のシャープなラインも印象的です。家作りの際、敷地にあった樹木はなるべく残して建てられたということで、程よく緑に包まれる心地いい家となっているようですね。

景色を楽しむリビング

こちらは室内のLDKの様子です。大きな開口部によって、周りの自然の風景を室内まで取り込み、まるで森の中にいるかのような気分で過ごすことができます。リビングのソファでゆったりとしていても、ダイニングで食事を楽しんでいても、キッチンで料理をしていても、常にこの風景が目に入るため心が癒されますね。木の温もりが感じられる室内インテリアは、開口にも木製サッシが採用されていて、優しい雰囲気でゆるやかに外の風景を切り取っているのもポイントです。自然と共に暮らせる居心地のいい住空間が広がっていることが分かります。

リビングの延長としてのテラス

こちらはデッキテラスからの眺めです。リビングと同じフロアレベルでつながり、広いスペースが設けられているこのテラスは、室内の延長空間として感じられる作りです。外が気持ちいい季節は、ここにソファを置いてリビングの様にくつろいだり、テーブルセットを置いてダイニングとし、食事やお茶をしたりするのもいいかもしれません。屋根に覆われているので、雨の日も日差しが強い日も快適に過ごせます。心地よい風を感じ、木漏れ日を楽しみながら、軽井沢での優雅で快適な時間を満喫できます。

森を眺めるバスルーム

こちらはバスルームの様子です。広いバスタブに面して緑の眺めが楽しめる大きな開口が設けられており、森林浴をするような気分でリラックしたバスタイムが過ごせます。湯船でのんびりとしていると、気持ちが良くてついつい長湯をしてしまいそうですね。豊かな自然に囲まれたこの軽井沢の別荘では、都会では味わうことの難しいストレスフリーの生活が可能となっていることがよく分かりますね。

軽井沢の緑に包まれた快適な別荘について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅,

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!