KREA Konceptが手掛けた寝室

放棄された農家がユニークな住宅に生まれ変わる

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

フランスの古い農家がリノベーションによって個性あふれる住宅に変身しました。暖色系の大らかな外観、ヴィンテージなリビングルーム、そして北欧風のベッドルームまで様々なスタイルがミックスされた新しいインテリアにも注目です。フランスの建築家KREA Konceptのノウハウが詰まったリノベーションプロジェクト、さっそく見ていきましょう。

Before 内部

KREA Konceptが手掛けた家
KREA Koncept

La grange avant (suite)

KREA Koncept

改装前の建物の内部を見てみましょう。全体が荒れ果てており、既に自然に還りつつあるような雰囲気です。これがどのように居心地の良い住宅に変身するのか、ちょっと想像がつきませんね。

とても古い外観

KREA Konceptが手掛けた家
KREA Koncept

face sud de la grange avant travaux de rénovation

KREA Koncept

こちらが改装前の外観です。外観は辛うじて家らしさを保っていますが、荒れているのは内部同様です。大きな建物部分は居住エリア、小さい建物部分は納屋として使用されていました。

崩れそうな天井

KREA Konceptが手掛けた家
KREA Koncept

Ancienne toiture de la grange

KREA Koncept

一番の大きな問題であったのがこの天井です。屋根を支える梁がとても不安定で、崩落の危険がありました。土や木がむき出しになっているこの様はまさに廃墟。

After 明るい外壁

KREA Konceptが手掛けた家
KREA Koncept

face sud de la grange aprés travaux

KREA Koncept

こちらが改装後です!暖かい色で塗装され新たに生まれ変わった外観の様子です。この色は、雄大に人々を包む自然環境を象徴し、エネルギーを得られるようにと選択された色だそう。季節や天候に関係なく、暖かく居心地の良さを感じられる外観です。外壁にはさらに黒檀の木を加え、自然物と調和しつつコントラストのある強い印象を加えました。

庭と外観

KREA Konceptが手掛けたテラス・ベランダ
KREA Koncept

vue EST habitation principale

KREA Koncept

庭から眺めた新しい建物の外観です。以前の廃墟のような建物を思い出せないほど明るくモダンになりました。広々とした庭にはゆったりと散策できるスペースが取られ、生まれ変わった住宅を眺めながら楽しく快適な時間を過ごすことができます。新しい色で塗装された外壁やガラス張りのウィンターガーデンのある姿からは、以前の古い農家の跡を探すのは困難ですが、静かに佇む三角形の切妻屋根が昔の趣をわずかに感じさせます。

”本物”のヴィンテージスタイル

KREA Konceptが手掛けたリビング
KREA Koncept

Salon habitation principale

KREA Koncept

この住宅の重要な設計要素を紹介します。それがこちら。一つの壁に異なるレンガとタイルを組み合わせて、強い個性を感じさせています。これは改造前の納屋に使われていたレンガとタイルです。それらを残しインテリアに活用することで”本物”のヴィンテージスタイルを作っています。リビングルームをはじめ、ダイニングルームにもこれらの要素が使われ、古さと他のデザインがラフにミックスされた、この住宅だけの独創的な個性が完成しました。

重厚かつエレガントなリビングルーム

リビングルームにはクラシックなチェスターフィールドソファ(Chesterfield Sofa)が置かれ、重厚かつエレガントな雰囲気を作っています。どっしりとしたレザーソファと合わせて、他の家具も濃いブラウンを基調としたアンティークなアイテムを選択。先ほどのレンガとタイルの壁、古い暖炉など個性的な家具がすっきりと馴染んだリビングルームです。

モダンな照明

右手がリビングルーム、左手がダイニングルームです。ダイニングルームは主張し過ぎないシンプルモダンなスタイル。空間の中央に設置されたモダンな照明がリビングとダイニングを照らします。不規則な線の長さが自由奔放でコンテンポラリーな存在感ですが、定型化されていないデザインだからこそ、ヴィンテージスタイルにもモダンな家具にもとけ込む照明です。奥に見えるキッチンはインダストリアル風のカフェのような、フレッシュで自由なセンスを感じさせるインテリアです。

オリジナルのミックススタイル

KREA Konceptが手掛けた寝室
KREA Koncept

Chambre Arty

KREA Koncept

一番最初に見た小さな小屋は寝室となりました。ベッドの両脇にサイドテーブルと照明を左右対称に配置してクラシカルに、そこにアブストラクトなアートを加えてオリジナルのミックススタイルが完成。枕カバーにアートと共通する色を加えて、奔放ながら統一感のある仕上がりになりました。

爽やかな色使い

KREA Konceptが手掛けた寝室
KREA Koncept

chambre Néo scandinave

KREA Koncept

こちらは二つ目の寝室です。爽やかな色使いとパターンの組み合わせが特徴です。壁面のアクセントとなる帯状のパターン、そして共通する色調のラグをベッド下に配置。カラフルなようでいて調和の取れたインテリアはこの計算された色使いのおかげ。大きな面には爽やかなパステルブルーを使用して、清潔感と居心地の良さを感じさせる寝室となりました。

個性を生かした素晴らしいリノベーションですね!あなたの感想もぜひ教えて下さい。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!