梅原の家: arc-dが手掛けた家です。

田舎暮らしにピッタリな不動産の探し方は?

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

田舎暮らしを満喫できる不動産や中古物件を探してみませんか?自給自足できる田舎物件や古民家、自然を満喫できるログハウスなど、夢の住まい実現も難しくありません。地方移住を考えている人のために、今回は、田舎暮らしにピッタリな不動産の探し方のポイントをご紹介します。

田舎の不動産と水

梅原の家: arc-dが手掛けた家です。
arc-d

梅原の家

arc-d

田舎の不動産物件は、都心に比べて広さと価格の割安感が魅力です。また豊かな自然環境は小さな子供のいる家族にとっては安心して子育てができる環境ともいえます。地方移住を考える上で、しっかりと確認しておきたいのは、地域の水質や中古物件購入前の水回りです。特に目に見えない配管の腐敗は修繕費用がかかります。また、寒冷地では水道管が良く凍りついて破裂することもあるので、その土地の対処法を学んでおくと安心です。

こちらは、ARC-Dで手がける南側に広がる田んぼに向かって大きな開口を取った家。四季折々の田んぼの変化を楽しむことができ、暮らしの中に自然の豊かさを取り入れます。また、LDK居住空間は周囲より高く配置することで、田んぼからの虫や生き物が家の中に入ってくる心配もなく、また防犯やプライバシーも同時に確保しています。

田舎の不動産と土地の歴史

田舎の不動産購入を考えている人は、地方移住の前に、その土地が造成される前の歴史を自分で調べてみましょう。国土変遷アーカイブを利用すれば、その土地がどのような変化を遂げていったのかがわかります。土地条件図は、山や川、丘陵地、平地などの地形などが色分けされており、どんな地形・地盤なのかを判別することができます。その土地が危険度の少ない地形かどうか、自然環境の変化による台風や大雨、洪水、竜巻、突風、崖くずれなどの心配はないか等といった安定感を調べておくことで災害時への準備ができます。

自然との共生

田舎暮らしでは、気候の違いを強く意識します。こちらは、一級建築士事務所ヨネダ設計舎が手がける住まい。周囲は多くを田畑が占め農家住宅や農業用倉庫が建つ長閑な風景に立地します。年中温暖な紀伊半島の気候特性を享受し、いかに郷土の自然と五感でつながる住空間を実現するかをコンセプトにデザインされたこの住まいは、まるで絵の様に景色が暮らしに溶け込む開口部の配置や、天窓や大きな開口部、中庭のシンボルツリー外と内を繋げるなどといった細やかな配慮が施されています。地方移住では自然環境の恵みを最大限に活かす家づくりが大きな魅力となります。

こちらでは併せて「暖かな田舎暮らしのための家を作るには?」を紹介しています。 

どうやって物件を探す?

田舎暮らしを始める空き古民家を探し方には、公的機関・民間企業・人づての三つがあります。まずは、空き家物件情報を地方公共団体のホームページ上などで提供してくれる「空き家バンク」を活用してみましょう。地方自治体が情報を発信しているので安心感があり、また移住に関する質問をすることもできます。不動産企業では、比較的綺麗で状態の良い空き家が多いと言われています。公的機関と民間の両方を上手に活用して、お気に入りの家を探してみましょう。

ライフラインの確認はしっかりと

地方移住の際は、ライフラインの確認をしっかりとしましょう。例えば、電気や電話・インターネット回線はすぐに開設できるでしょうか? 携帯電話の電波状況確認は特に大切です。地域によっては、プロパンガスの有無などガスの確認もしておきましょう。トイレの排水汚水処理の仕方はくみ取りなのか、それとも浄化槽を設置しなければならないのかも大切なポイントです。地域によっては下水道が整備されていないこともしばしば。都心とは異なる環境に馴染むためにも確認は忘れずに!

まずは賃貸で

地方移住を考えている際は、環境や土地の違いに慣れるためにもまずは賃貸で住み始めてみましょう。いきなり中古一軒家を購入してしまうのではなく、その土地の状況や環境に馴染んでから購入する方が安心です。特に、物件購入を考えている場合は、適正価格であるかどうかが生活をしているうちに把握できるようになったり、地元に密着している不動産会社もみつけらるでしょう。

地方移住で夢の暮らしを手に入れてみませんか?是非、田舎暮らしについてコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!