出窓の家: あかがわ建築設計室が手掛けたリビングです。

窓際で過ごしたくなる心地のいい日差しの家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

休日にもっとも過ごす場所はどこですか?きっとリビングや個室を挙げる人が多いかもしれませんね。でもお天気が良ければ日差しの暖かさや心地のいい風を感じられないとちょっぴり損した気分になりませんか。今回ご紹介するのは、大きな窓辺で過ごしたくなる居場所のある住まいです。あかがわ建築設計室が手がけたこちらの「出窓の家」は、綿密に計画された窓デザインが住み心地のいい住空間をつくっています。特徴的なのは一階スペースのほとんどのフロアはコンクリート土間仕上げでまとめられ、広い玄関、自転車を置いたりできるスペースとして多様に活用することが出来ます。さらにはミニキッチンやトイレも設けられ、将来は一階スペースのみでも生活可能なフレキシブルなデザインでまとめられています。

広い駐車スペースのあるゆったりシンプルな外観

敷地があるのは都市と田園地に挟まれた利便性があり、そして豊かな自然を身近に感じることのできる良好地にあります。接道から見る外観はグレーホワイトカラーのシンプルな外壁に、インナーガレージの設けられたシンプルで機能的なファサードが特徴的です。接道から少し引いた位置に建つ本住宅は3台分の駐車スペースに小型車1台分のインナーガレージの充実したスペースを持っています。

長いアプローチを抜けてたどり着く玄関

角度を変えて見る外観、玄関ポーチへはちょっぴり長めのアプローチを通り抜けて辿り着くことが出来ます。玄関扉が接道に面していないことで、プライバシー性の確保やセキュリティ性にも優れたデザインです。アプローチを包むような豊かな植栽が四季を感じさせてくれる心地のいい通り道に。

全面土間仕上げの一階フロア

1階スペースは大きな窓のある明るい空間が広がっています。フロアは全面コンクリート土間というシンプルな仕上げに。簡素ながらもホワイトカラーをベースに木素材が散りばめられたシンプルナチュラルテイストのインテリアです。玄関から室内はフラットなフロアとすることで、空間の広がりはもちろんのこと、自転車やアウトドア用品も容易に保管することが可能な十分なスペースを持っています。ちょうどいい高さで差し込む日差しは綿密に計画されたデザインによるもの。ワークスペースとしても、お茶を愉しむ場所としても大きなテーブルを囲うと1日過ごせそうな居場所です。

造作キッチンの温かみあるテクスチャ

キッチンは造作されたオリジナルキッチン。滑らかで温かみのあるマテリアルはキッチンだけでなく、背面の収納棚や吊戸棚まで統一感のあるデザインに。住まう人の高さに合わせた使い勝手のいい機能的なキッチンです。

心地のいい高さの開口

2階に設けられたメインとなるキッチンダイニングスペースには腰の高さに設けられたワイドな出窓が印象的な空間。船底天井で開放感を感じつつも低めの開口でゆったり落ち着ける空間です。開口に障子戸をはめ込むことで、どこか和の持つ落ち着いた雰囲気を感じることの出来る住空間です。ちょっぴり窓辺に座って本を読むことも出来そうな出窓は本住宅に無くてはならない最高の居場所になりそうです。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!