ROSETTA(ロゼッタ): FUJIE TEXTILE CO.,LTD (株)フジエテキスタイルが手掛けたです。

家で見える景色がイマイチ綺麗じゃない、そんな景色の改善をするにはどうすればいい?

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

窓の外を見ると、隣の家の壁がまじかにせまっていたり、人が捨てたゴミが道路に散らばっていたり。家の中を見ると壁が古くてなんともフレッシュ感がない。お世辞にも綺麗とはいいがたい景色。窓の外には緑がと広々とした景色が広がって、壁が真っ白で清潔感にあふれてなんてのは夢の話。このようなことは特に都会に住む人によくあると思います。私も生まれが東京だったので、綺麗とは言い難い景色でした。引越しをすることも、理想の家に住めることもそう簡単にはいきません。そのためせめて少しでもそんな景色が改善できたら嬉しいですよね。今回はそんな家に住んでいる人を救う、景色が少しでも改善できるようなアイディアを紹介したいと思います。

窓をデコレーション

窓にデコレーションなんてできるの?と思った方いますか?そんな方はこの写真を見てみてください。インテリアデザインで有名なスウェーデンからのアイディアです。まるで窓の向こうに猫がいるかのよう。この猫のシルエットはウィンドウフィルムを使って施されたもので、このように窓に直接変化を加えれば、窓から見える景色も自由に変えることができるのです。

壁にポスターを飾る

壁が綺麗でない場合、塗りなおすのが一番ですが、そこまでは手間がかかるという時ありますよね。そんな時はポスターを貼ったり、絵画を飾ったりして壁を隠してしまいましょう。壁が汚れていない場合でもポスターなどのインテリアは部屋を個性的な雰囲気にしてくれますし、きっともっと居心地のいい場所にしてくれるはずです。

曇りガラス

窓の向こうの景色が綺麗じゃない、でもカーテンを閉めたら家の中が暗くなってしまうし。そんな時は曇りガラスを使ってみましょう。曇りガラスで家の中から見る景色がぼやけるようにしてしまえば、光も諦めることなく景色の改善にもつながります。

カーテン

カーテンは外から中が見えないようにするというプライバシー保護のため。また寝ている間外からの明かりをシャットダウンしてくれます。しかしそんな機能的な部分も重要ですが、一つのインテリアとしてとても家の中の印象を決める影響力があることも忘れてはいけません。カーテンの柄や色を目立つものまたは気に入ったものにしてみましょう。そうすると自然とカーテンに目がいくようになり、他の隠したい景色が目に入りにくくなります。

壁にグラフィティ

これは思い切ったアイディアで、子供部屋のような部屋には最適かもしれません。壁をキャンバスに見立て、直接絵を描いてしまいます!気分はおしゃれな街にあるグラフィティのイメージで、自由に創造的な壁作りを。この大きな壁と描かれた絵が印象的な部屋は仙台市を拠点に活躍するブレッツァ・アーキテクツが手がけられました。

カラフルなブラインド

NEAT PLEATが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
NEAT PLEAT

ROMAN BLIND

NEAT PLEAT

ブラインドにデザインなんてあったんだ?そう思われる方も多いかもしれませんね。カーテン選びはこだわってもブラインドはなぜかいつも白で落ち着いていませんか?この写真のようなカラフルなブラインド、トイレだっていきなりおしゃれな空間に見えてきますね。

窓際に植物を

植物や花は一瞬で部屋を華やかにしてくれます。私も最近は季節の花をよく買って家に飾るようにしています。すると家の中で季節感もでますし、部屋のデコレーションも花や季節に合わせて変える。と楽しんでいます。このように部屋の雰囲気を一気に変えてくれる植物、ぱっとしない窓際に置けば窓の向こうが高原や見事な眺望ではなくても景色を改善してくれる効果ありかも?

【部屋のインテリアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ 寝室の壁紙のアイディア

※ 海外インテリアに習う、ハイセンスなアイデア

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

このアイディアブックについて何か感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!