KAWARA: 宝角建築アトリエが手掛けた家です。

塞がず隠す:平屋・外観デザイン

Rei Watanabe Rei Watanabe

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

平屋を建てる時に、まず考慮するのは周辺からの視線でしょう。公道の目線と同じ高さを持つプライベート空間を守ろうとすれば、どうしても外に向かって閉じなければならないことになり、下手をすれば要塞のような外観になってしまいます。屋内には採光という実際的な明るさを取り込むことが課題となる平屋ですが、外部に向かっては雰囲気としての明るさを醸し出す工夫も必要です。今回は、プライバシーを守りながらも閉塞感の無い、暖かみのある佇まいの平屋をご紹介します。

瓦の美しい起り屋根

宝角建築アトリエによるこちらのお宅は、何と言っても弓なりの瓦屋根が印象的です。公道に面しては玄関と車庫の入り口のみを開口部としますが、裏庭に面しては大きく開かれており、大変開放的な空間が広がります。裏庭は水と苔の美しい和風庭園で、夏は涼しさ、冬は温もりを感じさせてくれそうです。軒裏は良質な木版によって美しく仕上げられており、雨宿りをした通行人の目を喜ばせるでしょう。

屋内外の統一感

シンプルでモダンな平屋の家: ヒロ・デザイン・ラボが手掛けた家です。
ヒロ・デザイン・ラボ

シンプルでモダンな平屋の家

ヒロ・デザイン・ラボ

ヒロ・デザイン・ラボによるこちらの平屋は白い壁と石のタイルのシンプルな外観に、ドアとファレージシャッターの木目がワンポイントとして映えます。外壁に使われている石のタイルはリビングの内装にも使われており、室内に重厚感をもたらします。内装も白い壁と直線を多様したシンプルなものに、床や天井の木の色がアクセントとして効いています。

二重の葦簀

岩田建築アトリエによるこちらの家は、こぢんまりとしていてとても可愛らしいですね。剛板の外壁に葦簀のようなスチールフェンスを外壁とし、敷地の境目には低いブロック塀と木のフェンスが建てられています。市街地では視線の気になる平屋、普通ならブロック塀を高く作るところでしょうが、完全に塞がない木のフェンスとスチールの葦簀で、やんわりと視界を遮りつつ閉塞感がありません。

開口部のみを隠す外壁

こちらも岩田建築アトリエによる平屋、住宅地の一角、駐車場横の敷地に建てられています。シンプルに同色で揃えられた外壁の剛板と屋根に、扉やテラス部分の木材や障子がアクセントとして映えます。開口部手前には打ちっぱなしのコンクリートで低めの仕切り壁が建てられ、内部と外部に境界を生み出しつつも、内部への圧迫感や外部に対する閉塞感がありません。この緩やかな境界の位置まで軒がせり出しており、上方向からも見えない境界線を差し掛けます。

出しゃばらない高級感

内外に高級感が溢れるこちらのお宅は、Mアーキテクツ株式会社によるものです。コンクリートとガラスを多用した、とてもモダンな車寄せ部分ですが、そのコンクリート裏には、日本庭園が広がります。スイートルームのようなゆったりとしたリビングや浴室、ウッドデッキにはプールのあるこちらの邸宅、ファーサードにも高級感が溢れ出します。平屋の低層住宅であることに加え、ふんだんに植え込まれた緑が、高級でありながら付近の景観に浮くこと無く、静かな存在感を帯びて佇みます。

盛り土のワン・クッション

3*D空間創考舎一級建築士事務所によるこちらのお宅は、恵まれた周辺環境の中、広い敷地に建てられた大きめの平屋です。広々したリビング・ダイニングは大きな窓で完全に開け放すことができ、林の中の芝生に埋められたプールは、ウッドデッキを挟みダイニングに繋がります。公道に面する南側は、同じく大きく開かれたリビング・ダイニングの窓の手前の土地に少し高さを付けることによって、プライベート空間と外部を柔らかく仕切ります。

高さを利用し死角を生む

遠藤浩建築設計事務所 H, ENDOH ARCHITECT & ASSOCIATESによるこちらのお宅は、瓦屋根の美しい、和風の外観となっています。構造部分の木材は屋内外ともにむき出しにしてあり、木ならではの温もりを感じさせます。公道に面するウッドデッキと庭は、道路面より2m程高くなっており、ウッドデッキと直接繋がるリビングの座敷部分を死角にします。リビングを中心に全ての部屋が繋がっており、その建具は全て障子の引き戸を使っています。ガレージの片流れ屋根は住居の屋根と呼応してリズミカルな動きを生み出しています。

内外に明るい家

齋藤和哉建築設計事務所によるこちらの平屋は、折り紙で象ったような、珍しい形状です。近隣住宅からのプライバシーを守るため、開口部が建物内部に織り込まれており、遠目には閉じたような印象を与えます。高さを抑えた平屋である上、建物周辺に低い木の縦格子を使って印象を和らげており、閉じていながらも重々しい感じを与えません。日中は驚く程明るい屋内ですが、照明の要る夜間は、外部に漏れる光が石灯籠のような美しさです。

周囲に溶け込む色と素材

建築設計事務所 住記屋によるこちらの平屋は、正面を妻とする片流れ屋根の木造家屋です。母屋から突き出た形の和室部分も、同じ木材の壁で統一されており、黒っぽい外観に柑橘樹木の色彩が映えます。後方の雑木林と前庭の樹木に挟まれ、自然の中に溶け込むようなこちらの家、シンプルでモダンな外観も抑えた色味と和風のテイストを持つことによって、和風家屋の多い周辺環境にも馴染みます。

外との繋がりも、内での自由も大切にしたいですね。ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!