ギャラリスペース: 久保田英之建築研究所が手掛けたリビングです。

東京・大阪・名古屋!都会の暮らしを楽しむ家best5

Emi M Emi M
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

広々とした郊外の土地に住むよりも、狭くてもいいから都市部の暮らしが好き!そんなあなたに送る今回の特集「都会の暮らしを楽しむ家best5」です。東京・大阪・名古屋の三大都市から選りすぐりの五軒を紹介します。都市部での狭小敷地の購入を検討している方、必見です!

コンパクトかつスタイルのある大人のための住まい

まず最初は名古屋市の今井賢悟建築設計工房が手がけた住宅から紹介します。敷地があるのはマンション建築ラッシュ中の旧市街地。東側は四階建てのビル、西側は長屋と両脇に建物が迫る敷地ながら、南面に大きな開口部を取ったキューブ型のボリュームはすっきりシャープな佇まいが都会的な洗練を感じさせます。コンパクトかつスタイルがあり、家族間のプライバシー確保も重視した大人が住み良い都会の住宅です。

高さと奥行の連続性

続いては藤原・室 建築設計事務所による大阪市昭和町の住宅です。古くからの長屋が残る周辺地域に対して敢えて開くことで、風景として受け入れた抜け感のあるデザインが印象的です。幅3mという間口の狭さですが、空間を細切れにせず高さや奥行を連続させることで圧迫感を感じさせない室内を実現しました。天井高5.6mのリビングルームは間口の狭さを解消するに十分。むしろ空間の迫力すら感じます!

写真撮影:矢野紀行

狭小敷地に二世帯住宅

家族七人が住まう二世帯住宅が建てられたのは12.9坪という狭小敷地!角地を生かして二面に大きな開口部を設置、吹き抜けと天窓で明るさと開放的な抜け感を確保しています。吹き抜け部分以外は天井を現し仕上げにすることで高さを強調。狭小敷地に家族七人、一見無謀にも思えますが優れた設計によって快適な住まいが完成しました。

コンクリートのスキップフロア住宅

続いては久保田英之建築研究所による「都会の中で暮らしたい」という願いを叶えるため土地探しから始めたというプロジェクト。名古屋市内に古くからある商店街の中で見つけた土地は間口4.2m・奥行16mの20坪という狭小地、しかも三方向を建物に囲まれています。しかし内部を五層のスキップフロア構造に、ガラス張りの吹き抜けや多目的に使える曖昧なスペースを取ることで余裕を感じる空間となっています。生活感を抑えたパブリック空間的な内装の理由は、「都市の中の一部の機能を担う事を目的とした住まいです」という建築家の言葉からも窺い知ることが出来ます。

三階建て、でも四層の家

最後は東京都内の狭小地に余田正徳/株式会社YODAアーキテクツによって建てられた住宅です。法的には三階建ての建物ですが、一階と二階の間に天井裏収納を設けているため実際は「四層の家」に。横に空間を広げることは不可能でも縦を最大限に生かし、多様な生活空間を作り出すことに成功しました。各階の天井高は低めですが、階段室やスリット開口などの上下の抜けにより軽やかな雰囲気を演出しています。

写真:Ryota Atarashi

都会の暮らしを楽しむ家、いかがでしたか?ぜひ感想を教えてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!