花畑団地27号棟プロジェクト: Camp Design inc.が手掛けたです。

中古マンションの購入で後悔しないポイントは?

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

中古マンションの魅力は、やはり新築よりもリーズナブルな価格設定ではないでしょうか。購入する前に、内覧でしっかりチェックしておきたいポイントや知っておきたいお金のお話しもおさえておくと心強いですね!今回は、中古マンションの購入で後悔しないためのチェックポイントをご紹介していきます。

中古マンションと購入予算

遊び心のある大人のシャビーな空間: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

遊び心のある大人のシャビーな空間

株式会社スタイル工房

中古マンションを選ぶ際、しっかり見ておきたい大事な条件のひとつは購入予算です。また、家族構成やライフスタイル、住宅ローン金利や返済期間が異なれば購入できる価格も違ってきます。自分の暮らしに合わせ、より正確な資金計画を立てたい人は、今の家計や将来かかる子供の教育費、また今の年齢と毎月返済できる額・返済期間を決めて計算してみましょう。有料のしっかりとしたファイナンシャルプランナーに相談するのもよいでしょう。

クレジット: スタイル工房_stylekoubou

中古マンションとリノベーション

【築36年の中古マンションリノベ】演奏会のできる広々リビング: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。
株式会社スタイル工房

【築36年の中古マンションリノベ】演奏会のできる広々リビング

株式会社スタイル工房

中古マンションを買って、室内のクリーニングやリフォームをしてから入居したいという人は、その費用も購入価格とは別に考えておきましょう。例えば、こちらは株式会社スタイル工房が手がける築36年の85㎡のマンションをリノベーションした住まい。楽器が趣味の夫婦の暮らしが充実するような演奏会の開ける大きなリビングルームが素敵です。一般的に、3LDKの物件のハウスクリーニングは10万円程度、簡単なリフォームは300万円ほどと言われています。最近は、リフォーム費用も含めて借りられる住宅ローンがあるので、貯蓄が少なくてもリフォームやリノベーションを実現し易くなりました。

資産価値が落ちにくい物件を選ぼう

花畑団地27号棟プロジェクト: Camp Design inc.が手掛けたです。
Camp Design inc.

花畑団地27号棟プロジェクト

Camp Design inc.

同じ金額を出して物件を購入するならば、将来的にもし売却するとなった場合にもスムーズに買い手が見つかるような資産価値の下がらない物件を選びたいものです。一般的に、資産価値の落ちにくい物件とは、例えば、都内人気の路線沿いに立地するマンションや周辺に公園・図書館、スポーツ施設などがある恵まれた環境等が挙がります。また地震・水害に強い高台の立地は、転売時だけでなく保険等を含めた長期的な面で資産価値としての安心感がありますね。こちらは、東京都足立区にある花畑団地のボックス型住棟の改修プロジェクト。集合団地という画一的な居住空間を魅力的に生まれ変わらせます。こういった新しい試みは、エリア再編の魅力の一つとして活きてきます。

気になる駐車代や管理費

中古マンション購入後は、住宅ローン返済のほかに、毎月の駐車場代や管理費、修繕積立金の支払いが必要です。また、購入時には、不動産会社に支払う仲介手数料も支払います。ローンを組んだ場合は、銀行の事務手数料・保証料・火災保険料や登記費用、不動産取得税など、諸々合わせておよそ物件価格の10%程度の支払いが必要です。住宅ローン返済額と合わせて、これらの出費を毎月支払えるかどうかしっかり考えて支払い計画を立てておくと慌てることはありません。

内覧でしっかり見ておきたい物件のポイントは?

homifyが手掛けたリビング
homify

Modern Studio Apartment in London

homify

内覧でしっかりと見ておきたいのは、日当たり。日本では、南向きの開口部があるリビングルームが好まれます。また良好な日当たりに加え、角部屋は安心感や風通しの良さから非常に好まれます。また、バルコニーから雰囲気のよい緑の景色が見えるマンションは価値がさらに高くなり人気です。また、桜の咲く時期は非常に眺めが良いですね。

こちらでは併せて「マンション間取りで変わる、ライフクオリティ」を紹介しています。

設備・機能・管理状態をチェックしよう

homifyが手掛けたキッチン
homify

Modern Studio Apartment in London

homify

中古マンション物件を購入する場合、キッチンや水回り、水道管などの設備や状態、機能性を確認するとともに、「長期修繕計画はあるか」「計画に基づいて修繕を実施しているか」「修繕積立金の残高は充分か」「延滞はないか」といった管理状態をしっかり確認しておきましょう。素人の内覧ではなかなか発見しずらいので、プロが図面や物件をチェックしてくれるインスペクションをお願いしておくと安心です。購入前に、欠陥はないか、リフォームが必要な箇所はないか、あるいは今後いつ・どのようなメンテナンスが必要になるかといったことをプロが調べてくれると心強いですね!

購入前に知っておきたいポイントはいかがでしたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!