寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。

個性的な外観でも心地良い空間を持つ家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家を建てるとなると、家の中は思い通りの形にすることは難しくないでしょう。そこは生活する場所となるため、多くのイメージが湧き、それに従った空間づくりができます。ですが、家の外観となると簡単ではないでしょう。それは家の内部の空間に従ったものとなり、時として個性の無いものになってしまいます。もちろん家の外観も生活に影響を与えるため、生活は味気のないものになってしまうかもしれません。そこで、今回は強い個性を感じさせる家について紹介したいと思います。

住宅地に建つ家

寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。
空間設計aun

寄り添って暮らす家

空間設計aun

今回紹介する家を手がけたのは空間設計AUN。その個性的な家は住宅地の中に建てられました。周りの住宅は新旧の建物が入り混じって印象的な風景を作り出しています。新しい家は窮屈な敷地に建てられて、どことなく圧迫感を感じさせます。一方で古い家はと言うと、塀に囲われて何か閉塞感を感じさせています。そこで、本住宅はこうした感覚を感じさせないような外観が考えられて建てられることになりました。

開放感を損なわないように配置された壁

寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。
空間設計aun

寄り添って暮らす家

空間設計aun

建物の外観が感じさせるのは強い個性。2階建ての建物ですが、その半分は壁のようなもので覆われています。それは鱗のような外壁に覆われていて強い存在感を感じさせます。そんな壁は家を覆うことで家に個性を与えています。ですが、家は壁に覆われた閉塞的な場所になっているわけではありません。それは家の半分を壁で覆わずに開放感を感じられるようになっているのです。

吹き抜けが生み出す広がり

寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。
空間設計aun

寄り添って暮らす家

空間設計aun

家の中にあるのは広々とした空間。決して大きな家ではありませんが、ここでは圧迫感を感じることはないでしょう。それを感じさせるのは吹き抜けの存在です。家族が集まるダイニングルームとキッチンは壁に隔てられることなく1つになっています。そんな部屋にあるのは吹き抜けを活かした高い天井。そのため、ここでは低い天井で窮屈さを感じることはないでしょう。また部屋も小さく区切られてい訳ではないので、広々とした空間で家族の団らんを楽しむことができるでしょう。

明るい室内空間

寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。
空間設計aun

寄り添って暮らす家

空間設計aun

このような本住宅で重要なのは、吹き抜けの部屋に設けられた大きなガラス窓です。それは家の中から外の風景を見せてくれます。そして家の前に広がる庭の緑を楽しませてくれるでしょう。またそれだけでなく吹き抜けの1階と2階を覆うガラス窓は、外の暖かな光を家の中に取り込みます。そのため室内はとても明るくなるのです。明るく広がりが感じられる部屋があれば、心地良い生活を送ることができるに違いありません。

プライバシーを守る障子

寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。
空間設計aun

寄り添って暮らす家

空間設計aun

もちろんガラス窓は外の風景を見せますが、同時に外から家の中が見えることにもなります。ですが、ここでは外からの視線に悩まされることはないでしょう。ガラス窓にはそれ以外にも障子戸が取り付けられています。そして人通りが多い時間帯には目隠しとして使うことができるのです。もちろん障子は視線を遮っても、陽の光を遮ることはありません。そのため、ここでは日当たりに悩むことはないでしょう。

個性を持ち心地良さを感じさせる空間

寄り添って暮らす家: 空間設計aunが手掛けたです。
空間設計aun

寄り添って暮らす家

空間設計aun

本住宅で考えられたのは、個性的な外観と心地良い空間。ここでは建てられた家が塀に囲まれて街との繋がりを失ったり、小さな敷地に家を押し込んで窮屈な生活を強いることはありません。家は個性的な壁を使いながらも、街の関係を保ち、街に寄り添うような生活を可能にしてくれるのです。このような家ならば、街と家だけでなく、人と人とも寄り添えるような生活を可能にしてくれるでしょう。

個性的な外観を持つ家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!