南側外観開口: TOSHIAKI TANAKA&ASSOCIATES/田中俊彰設計室が手掛けた家です。

雄大な自然に囲まれた露天風呂のある家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

最近は地方や自然あふれる田舎で暮らすことはブームではなく選択肢のひとつとして定着しつつあります。そこには都会にはない豊かな自然との共存やゆとりある空間での暮らしが待っています。本日は誰もが一度は憧れる素晴らしい眺望に恵まれた立地に建つ露天風呂のある住宅を紹介します。さっそく詳しく見ていきましょう。

起伏のある敷地に水平の美が引き立つ

田中俊彰設計室の手がけたこの住宅は、山の裾野の別荘地内の東西に長く南西方向に斜面が広がった敷地に建っており、遠くの山まで見渡すことができます。山に根付くような安定感のある水平のフォルムと大きな開口が特徴的です。

片流れの屋根が風景と調和する

片流れの屋根が外壁とつながって形成する外殻が内部空間を包含するようなデザインになっています。周囲の山々が織り成す景観に調和しながらも存在感のある外観です。内外空間をガラスで仕切り、空間に連続性をもたらしています。

混構造の利点

実はこの建物、1階と2階の一部が鉄筋コンクリート造、残りの2階部分が鉄骨と木造からなる混構造です。この架構方法によって自由な平面計画と空間の開放性を最大限に引き出すことができました。各マテリアルのそれぞれの特性と表情を活かしつつシンプルに構成しています。

橋というドラマチックなアプローチ

敷地には最大12mの高低差があり、道路と同レベルに配置された駐車スペースと建物の間はスチール製の橋が架けられています。どこからでも雄大な自然の眺望が望め、住んでいても毎日感動する瞬間があるのではないでしょうか。

ピロティのあり方

1階の玄関へはさらに緩やかなアプローチでアクセスするようになっています。 植栽や採光または外灯のおかげでコンクリート製のピロティは暗い印象を与えません。起伏のある地形をもつ敷地では変化に富んだ空間づくりを意識して設計すると、難点を長所に変えることもできそうですね。

内外が一体化した空間

片流れの屋根の形態がそのまま天井に現れ、まさに「屋根の下」に住んでいるという感じですね。同素材の木板を軒先まで貼り、床そして壁も外空間まで延長させることで内外の境界線に曖昧さを生み出すととも一体感をもたらします。風景がダイレクトに内部空間まで入り込んでくるので、常に自然を感じて生活できる住まいです。

床と天井の関係

リビングからダイニング、キッチンがオープンな間取りで配置されています。天井の連続する木板と床板の貼る方向が逆であるため、長く延び単調になりがりな空間に動きを与えています。建具にも木の自然の色をそのまま活かしたナチュラルなテイストに革張りのブラックのソファやモダンなダイニングセットを組み合わせて、バランスの取れたインテリアに仕上がっています。

中間領域を設ける

寝室まで中間領域的な外廊下が延びています。朝目覚めたとき、こんな景色が飛び込んでくるなんて素敵ですね。枕元辺りには高さを調整したスリット状の開口を設け、換気や採光を確保しています。豊かな自然を借景にするなら室内はナチュラルなフローリングと白を基調にしたシンプルな構成が合いますね。

露天風呂に尽きる

羨ましいことにこの家には、なんと露天風呂があるのです。自然溢れる四季折々の景観を楽しみながらプライベートな露天風呂に浸かる至福のひと時が過ごせます。

生活を豊かにする舞台としての住宅

日が暮れ辺りの山の黒いシルエットが浮かび上がってきた頃です。中間的領域があることで空間に奥行をもたらし、程よい開放感と閉鎖感を可能にします。この住宅は一日を通して刻々と変化する自然を存分に享受でき、また四季を通して周囲の自然を取り込みながら豊かな生活を送ることのできるいわば舞台と言えるのではないでしょうか。

雄大な自然を背景に露天風呂が楽しめる住宅はいかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!