神奈川の高台に建つ見晴らしの良い家 | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

神奈川の高台に建つ見晴らしの良い家

JUTO JUTO
EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
Loading admin actions …

建物には実に様々な形があります。立地や環境そして法規によって必然的に生まれる形態もあります。ご紹介するのは、直方体のシンプルなボリュームを用途や方角によって削り取り、プライベートな外部空間を配置した開放感溢れるラグジュアリーな住宅。山縣洋建築設計事務所が提案した単純かつ賢い操作で生まれた感性豊かな住まい、さっそく見てましょう。

シンプルな操作で生まれた外部と繋がる住まい

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

密集する住宅地にある敷地は、高台のため見晴らしが良く比較的開けた環境にあります。3階建ての直方体のボリュームを用途や方角を基準に適度に削り取って外部空間を設けたシンプルかつユニークな形態が目を引きます。なだらかな坂道に面した北側のコーナーは駐車スペースと玄関ポーチに、2階の東側のコーナーはダイニングと繋がるテラスに、そして3階は眺めが良く日が差し込む南側と風が抜けるように北側も削り取って外部空間を設けています。

メリハリのある表情豊かな外観

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

ダークグレーの外壁に対して削り取った部分の内側は白としメリハリのある外観を演出。直線のラインで構成されるモダンなデザインがひと際目立ちます。前面道路に面して屋根付きのカーポートと兼用のアプローチを配置。既存の環境に則ったシンプルなプランを採用しています。木塀が温かみのある雰囲気を添えると共にモノトーンの外観のアクセントにもなっています。道路側は開口を極力減らし閉じ気味に、隣家側には視線が交差しないよう配慮した大きなピクチャーウィンドウを設置しユニークな形態と共に表情豊かな佇まいを見せています。

落ち着いた色が醸し出すラグジュアリーな雰囲気

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

玄関ホールを見たところです。ダークブラウンの高級感を感じさせるウッドフロアが目を引く内部空間です。吹抜けに設置した階段は大きな開口からの光によって明るく照らされ、雰囲気のある移動空間を演出。階段下は壁と一体化した収納スペースに利用し、すっきりとした印象のエントランスになっています。

テラスと繋がるLDK

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

隣家の緑豊かな樹木の借景が都会の住宅地とは思えないくらい大らかな雰囲気を醸し出すラグジュアリーな住空間です。東側のコーナーには大きなガラスの開口を介して繋がる心地良いウッドデッキを敷き詰めた4.5畳もあるゆったりとしたテラスを配置。ダイニングやキッチンと連続する使いやすい動線によって屋外空間で食事を楽しむ機会も増えそうですよね。

スタイリッシュでファニチャーライクなキッチン

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

直接テラスに出入り可能なキッチンです。スタイリッシュなデザインとガスコンロや大きなステンレスのシンクなど機能性の高い設備が際立ちます。背面にもパターンの豊かな木目調の素材を採用し、落ち着いたトーンでまとめた家具のような高級感溢れるキッチン、素敵ですよね。

階段を介して空間全体が繋がる大らかな家

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

3階はオープンなフリースペースで、見晴らしの良い南側と柔らかな光が差し込む北側にテラスを設けています。高台の立地を生かしてプライバシーに配慮しつつも開放的な外部空間をたっぷり確保したリラックス感溢れるこの住まい、巧みに周辺環境を読み取りながら箱型のボリュームを削り取ることで生まれました。「横浜の高台に建つラグジュアリーな家」も豊かな外部空間を取り入れた素敵な住まいです。是非ご覧ください。

坪庭と繋がるラグジュアリーな水周り空間

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家: 山縣洋建築設計事務所が手掛けた階段です。
山縣洋建築設計事務所

EF 各階コーナーに外部空間を取り込んだ家

山縣洋建築設計事務所

こちらは1階に配置された水廻り空間です。外観のアクセントとなった木塀に囲まれた浴室から出入り可能な坪庭が素敵ですよね。パウダールームはキッチンと同様にファニチャーライクなカウンターを採用。ダークブラウンと白のコーディネートで家全体を統一したスタイリッシュなデザインです。浴室とはガラス板で仕切り、採光と広がりを確保。視線は坪庭そして空まで抜け、開放感溢れる水廻り空間を作り出しています。適所に配置したそれぞれの居室と連続する外部空間がより一層豊かな住環境を作り出し、密集した住宅地であることを忘れさせてくれるような住まい、是非参考にしてみてください。

住宅地なのにプライバシーの守られた開放感溢れる住まい、皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!