京建具: WOOD PROが手掛けた窓です。

京都の家とゆったりとした暮らし

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

京都の家は、古都の風情を残しながら現代的な暮らしに馴染む京町屋のリフォームなどが盛んです。他の地域とは異なる住宅の間取りや建具、自然環境に対応したアイデアが住まいの中に多く見られます。今回は、そんな古都・京都の家とゆったりとした暮らしとアイデアをご紹介していきます。

京都の家といえば、町屋の風情

京都の家と言えば、伝統的な木造建築で和の風情のする京町屋が思い浮かびます。京都の街並みを美しく形作っている京町家は、実は他の町屋の在来工法と異なります。瓦屋根は柔らかい曲線や犬矢来と呼ばれるアーチ形の外壁垣根などが特徴的です。またよくみられる格子戸の形状は、商売によってデザインが異なっていると言われています。街を歩いているだけで、昔からの住まいの在り方が見えるのが古都散策の楽しみの一つとも言われています。

こちらでは併せて「伝統とモダンの洗練された美しさ!京都にある和モダンの住まい」を紹介しています。

京都の家の間取りは?

京都の家の間取りの多くは、うなぎの寝床と呼ばれる玄関間口の狭い奥に長い敷地が特徴です。奥行の長い京町屋には、必ずと言ってよいほど坪庭が設けられています。できるだけ採光と通風を確保する昔ながらのアイデアと言えるでしょう。こちらは、(有)BOFアーキテクツが手がける築約100年の京町家を、現代の生活に合わせて改修した住まい。現代的な要素を取り入れながらも、やはり外観、素材そして様式にこだわり、つくられた住まいには本物の気品があります。美しい坪庭がより一層映える空間が出来上がりました。

モダンにリノベーションしても残る風情

古都に憧れる多くの人は、昔ながらの京町屋改修に興味のある人が多く、地元金融機関は京町家の改修費用などを融資する専用ローンを取り扱うなども盛んです。こちらは、京都らしい奥行きのある間取りを現代的にリフォームした住まい。天窓や坪庭から差し込む採光が、テクスチャーのある白い壁と明るい木材のカラーに映え、ナチュラルなリビング空間を演出しています。

景観地区のルール

京都市は戦禍中でも古い建物が消失せず現存するため、今も昔ながらの京町屋風情を残す町並みがみられます。古都の風情が漂う街の多くは景観地区に指定されており、戸建てを建てる際は、景観地区のルールに従わなければなりません。建物の高さ制限や、瓦素材の指定、外観の色など細かな指定があり、またエリアごとに微妙に異なります。例えば、こちらのような和風モダンの住まいもシックな外観カラーにすることで古都に自然に馴染みます。

京建具の美しさが生きる

京建具: WOOD PROが手掛けた窓です。
WOOD PRO

京建具

WOOD PRO

古都らしい歴史ある建具は、時間の経過を感じさせない本物の美しさがあります。こちらは、三重の古民家のリフォームですが、室内建具は京都で買いつけたこだわりの古建具が使用されています。長い歴史と美しい建具でつくられた日本民家の風情に包まれて暮らす時間は、何よりも贅沢ではないでしょうか?

「油照り」と「底冷え」に強い住環境づくり

京都の気候は、夏は蒸し暑い「油照り」、冬は「底冷え」する落差のある環境と言われています。京町屋をリノベーションする際は、この古都の環境をできるだけ快適に過ごすための工夫が必要です。主に、古い京町屋は夏の蒸し暑さをやり過ごす工夫が施されていますが、一方冬は隙間風や暖房効率が悪いといった一面もあります。そのためリノベーションでは、しっかりとした断熱対策を取ることが大切になってきます。

古都の風情を残す住まいはいかがでしたか?是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!