完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
樹木と共存する家: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた家です。
Loading admin actions …

完全分離型の二世帯住宅とは、玄関から水廻りまですべてが別々に分かれているタイプのことですが、二世帯住宅の他のタイプと比べてもそれぞれの世帯がしっかりとプライベートな空間を持てることが魅力の二世帯住宅になります。今回はそんな完全分離型で二世帯の暮らしを長く快適に続けていくための家づくりのポイントを紹介していきたいと思います。

完全分離型でも二世帯の距離感が大切

樹木と共存する家: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた家です。
TERAJIMA ARCHITECTS

樹木と共存する家

TERAJIMA ARCHITECTS

完全分離型の二世帯住宅では、普段の生活の中でそれぞれの世帯がお互いに家を完全に分けられるだけでなく、意図しなければ顔も合わせないような住まいにすることが可能です。しかし、それでは隣家同士の他人のような二世帯住宅となってしまいます。完全分離型でも住まいのどこかで二世帯がコミュニケーションできる空間を設けてみて下さい。それは駐車スペースから玄関までのアプローチであったり、共通の庭でもいいでしょう。建物の配置計画から、二世帯のあまり遠すぎず近すぎない距離感を見つけてみて下さい。

縦割りと横割りの特徴を把握

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた長屋です。
設計事務所アーキプレイス

緑と眺望を楽しむ長屋建て住宅

設計事務所アーキプレイス

完全分離型では大きく分けて縦割りと横割りのプランがあり、それらの特徴をきちんと把握して間取りを決めていくことも大切です。まず、縦割りとは二世帯が左右に並ぶタイプのことで、二世帯が接する空間を工夫することで距離感を取りやすい間取りにすることができます。また、お互いに生活音や臭いなどで迷惑をかける心配のないプランでもあります。一方、横割りは主に1階に親世帯、2階に子世帯が住むかたちになりますが、階段が1つで済むなど一世帯が住む場合と比べても大きな変化がないため、リフォームでも費用を抑えることができますし、将来的に二世帯から一世帯に住むことになる際にも比較的低いコストでリフォームすることができます。

写真:大沢誠一

お互いに干渉の少ない家づくり

二世帯住宅には部分共用型や完全同居型といったかたちもありますが、その中で完全分離型を選ぶということは日常生活の中でお互いに干渉を少なくしたいということになると思います。そうすると、玄関アプローチで顔を合わせるようなことであったり、共通の中庭を通してリビングが見えてしまうなどのちょっとした視線も不快に感じてしまう可能性があります。そうならないためにも、一日の生活をイメージしながらお互いの玄関や窓の位置などを検討・確認していきましょう。

完全分離型でも二世帯がコミュニケーションを取れる空間づくり

完全分離型でも完全にお互いにコンタクトを取らないような住まいでは、二世帯住宅にする意味があまり見出せませんし、住まいとしての面白味に欠けると思います。これは建築家の腕の見せ所にもなりますが、完全分離型のお互いに干渉の少ないプランニングの中でも二世帯がコミュニケーションを取れる空間づくりをしてみて下さい。

ランニングコストについてもしっかりと話し合う

二世帯住宅にするとなると、建設費用などの家づくりにおけるイニシャルコストについては当然親と子世帯で十分に話し合われるでしょう。しかし、あまり意識されないのが家の完成後にかかるランニングコストです。建物が完成してからは定期的なメンテナンスや各種税金などにお金が必要となります。また、電気・ガス・水道といったインフラ設備については、二世帯で分けるのか共用するのかで毎月の負担額も異なってきます。こうした点は計画にも大きく関わってきますので、あらかじめ家族でランニングコストについても話し合っておきましょう。それについては、「ランニングコストも考えた住まいづくり。知っておきたい5つのポイント」も是非参考にしてみて下さい。

将来的な住み方についての検討

二世帯住宅に限らず、家づくりにおいては将来的な家族構成やライフスタイルの変化を考慮しながら計画していくことが大切になります。二世帯住宅においても、数十年後に一世帯で暮らすことになった際の住み方について検討してみるといいでしょう。リフォームして一世帯が住む一軒家にすることもできますし、完全分離型は賃貸住宅としてそのまま貸しやすいかたちでもあります。こちらのATELIER MONOGOTO 一級建築士事務所が手掛けた二世帯住宅のように、現在は内部を行き来できるようなかたちでも、将来的には独立した二世帯が暮らす間取りにしやすいような計画も考えてみるといいでしょう。

写真:新 良太

親世帯と子世帯の両方にとって居心地の良い二世帯住宅にしていきましょう!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!