子供部屋: 芦田成人建築設計事務所が手掛けた子供部屋です。

コンパクトに居心地よく住まう木の家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、コンパクトな作りながらもそれを全く感じさせず、開放的で居心地のいい木造の住まいです。木がふんだんに使われリラックスできる雰囲気に包まれた室内空間は、への字をした建物のレイアウトによってプライバシーもきちんと確保し、家族が安心して暮らせるように計画されていることも大きな特徴となっています。家族みんなで心地よく暮らせるような自然素材の住宅に憧れている方や、住宅街に家を建てる際のインスピレーションが欲しいという方には、住まい作りの際の何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトは、兵庫県を拠点に活動している芦田成人建築設計事務所によって手掛けられました。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

コンパクトに住まう4人家族の家

周辺にはたくさんの住宅が建ち並ぶ環境の中にあるこの住まい。敷地の北側と西側は道路に面しており、日当たりのいい南側には隣家が接しているという状況にあります。こちらは南面の外観ですが、少し角度を付けてへの字型に配置された住まいの建物が印象的。隣家と接する側には庭を設けることで、隣家と室内までに距離が生まれているので、生活面でのプライバシーはそれほどストレスになることはなさそうです。またへの字をした建物の配置によって、住空間もコンパクトにまとまり、住みやすさがアップ。この家に住む2人のお子様を含めた4人家族が笑顔で暮らす姿が目に浮かびます。

キッチンとダイニングの程よい距離感

こちらは1階室内の様子です。ダイニングからキッチンの眺めですが、建物の形状に沿うようにへの字の並びになっており、お互いの視線が自然と合いやすい状況や、程よい距離感がありながら安心できる雰囲気が生まれています。またキッチンカウンターにつながる広いダイニングテーブルが作り付けられているのも機能的です。天井は2階まで吹き抜けており、快適な光が降り注ぎ、ゆったりとした開放感もありますね。

コンパクトにまとまった室内空間

こちらはキッチンからダイニングを介し奥にあるリビングをのぞんだ様子です。シンプルでナチュラルなスタイルのインテリアでコーディネートされた室内空間は、梁や柱、フローリングなどにも木の優しい素材感がダイレクトに感じられくつろげる雰囲気です。無駄なくコンパクトにそれぞれのスペースがまとまり一体感のあるLDKとなっているようです。

機能的なキッチン

こちらはキッチンを中心とした眺めです。高めのカウンターが設置されており、作業している手元を隠すことが出来るようになっています。とはいえ、完全に仕切られているわけではなく、キッチンからは住まいの広範囲を見渡すことが出来るので、時々リビングや庭など他の家族の様子を気にしながら、集中して料理などの作業に取り組めます。カウンターテーブルも設けられていて、読書をしたりコーヒーを飲んだりと、ちょっとした休憩の際にも便利ですね。

コンパクトで機能的な子供部屋

こちらは2人のお子様のための2階の子供部屋です。小さなスペースを最大限に利用するために、2段ベッドを造り付けています。寝台車のようなワクワクする雰囲気があり、お子様たちもきっと気に入って使っていることでしょう。また向かい側にはそれぞれの収納スペースと、上にはロフトを設けています。さらに将来的に2人が個室を必要とした時に、2段ベッドの上の段と下の段の壁面を塞ぐと、それぞれのプライベート空間が出来上がるそうです。コンパクトながらも機能性が高くアイデアの詰まった子供部屋となっていることが分かりますね。

コンパクトで優しい雰囲気の木の住まいについていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!