リビング: 川添純一郎建築設計事務所が手掛けたリビングです。

さまざまな素材感を楽しむ家

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

同じ空間であっても、使用する素材によって部屋の雰囲気は随分と変わります。今回ご紹介する川添純一郎建築設計事務所が手掛けたこちらの住まいでは、異素材を組み合わせて使用することで、空間にさまざまな表情を持たせています。意外に思う組み合わせでも合わせてみるとしっくりくる、という発見も楽しいですよね。では早速見て行きましょう。

​切り妻のシンプルな外観

敷地は兵庫県姫路市の住宅地に位置しています。周辺は住宅に囲まれ、十分な広さの庭や隣地からの距離の確保が難しい立地です。そのため、プライバシーを確保しつつ光と風を取り込むことができるよう、窓は高い位置に確保されています。外形は切り妻のシンプルな形状。正面には玄関扉のみ配置され、ミニマルな佇まいです。グレーの外壁は左官コテで、粗く仕上げられ、素朴であたたかみのある表情を作り出しています。

​異素材の組み合わせで空間に表情を

ラワン材を使用した壁が家族を温かく迎える玄関。床の墨要りモルタル、天井の木毛セメント板と個性の強い素材が使用されていますが、素材の個性がぶつかり合うことなく、むしろ異素材の組み合わせが空間を表情豊かなものにしています。

​ワンルーム空間+二つのボックス

内部はワンルーム空間を基本とし、そこにコアとなるボックスが二つ配置されています。コアの中には、キッチン、浴室、洗面、寝室、子供部屋等が収められています。そしてコアとワンルーム空間の隙間にリビングと階段が配置されています。こちらは吹き抜けのあるLDKの様子。床はナラ材のヘリンボーン、ダイニングテーブルの天板はナラ材、脚部分は黒皮鉄でデザインされています。シンプルモダンながらもどこか素朴な、家族がほっとできるような空間ですね。

​光と空気を通し、視線の変化をもたらす小窓

LDKを別に角度から見た様子です。壁から持ち出した黒皮鉄のパイプから吊るしたペンダントライトが空間にアクセントを加えています。コアのボックスには随所に小窓が設けられ、視線に変化もたらすとともに、家族の気配を伝えます。

​木+ステンレス+コンクリートの造作キッチン

こちらも素材の組み合わせが楽しい造作キッチン。木のほかにも、天板にはステンレス、袖壁にはコンクリート打ち放しが用いられ、ナチュラルな中にもどこか無骨さのある表情です。収納もたっぷりあり、使い勝手もよさそうですね。

​一体感と広がりのある空間

木の多用された明るく落ち着いた雰囲気の寝室。切妻の屋根形状をそのまま生かした天井が空間に開放感をもたらします。中2階の各室を分ける間仕切壁の上部を開放することによって、一体感と広がりのある空間を実現しています。

​造作洗面台のある洗面室

洗面台は、モザイクタイルを貼った天板に実験用のシンクを埋め込んたものだそう。既製品では出すことのできない個性の光るデザインです。

さまざまな素材感を楽しむ家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!