カーテン選び:やっていいこと&だめなこと

カーテン選び:やっていいこと&だめなこと

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

みなさん、正しいカーテンを正しく設置していますか?ただ目隠しになればいいと適当なものを選んだり、古びたカーテンを何年も使い続けていませんか?室内を美しく演出するカーテンの選び方と設置法をお届けします!

このカーテン合ってる?間違ってる?

カーテン選びで重要なのがサイズです。既製品を使う場合や、以前の家で使っていたカーテンを新居でもそのまま使う場合、窓とカーテンのサイズが合わないことがあります。一時しのぎの為なら仕方ありませんが、特に掃出し窓に設置するカーテンは部屋の中でも大きな面積となるので、こだわって選んで下さい。カーテンの設置法について「やっていいこと&だめなこと」を以下にまとめました。ぜひ参考にしてみて下さい!

Don't! 小さすぎるカーテン

窓のサイズに合っていない小さすぎるカーテンの設置はやめましょう。必要なカーテンサイズの出し方は窓の大きさを測るのではなく、カーテンレールから床までの長さを測ります。腰窓の場合はカーテンレールから窓枠の下15〜20cmほどプラスすると光が漏れるのをきちんと防いでくれます。

Don't!短いカーテン

寸足らずの短いカーテンは何だか間抜けな雰囲気ですし、部屋全体が未完成な印象となってしまうのでやめましょう。見た目が良くないだけでなく、カーテンの機能である寒い季節に外部からの冷たい空気を遮断して、暖房効率を高めるという効果が著しく低下してしまいます。

Do:十分な生地を使う

気に入った柄の生地を購入してカーテンを手作りする方もいるでしょう。その際はケチらず十分な量の生地を使いましょう。ヒダが多く合った方が柔らかく優雅な印象になります。継ぎ目の無いシームレスな生地はやや値段が高くなりますが、高級感があり部屋を上品に演出してくれますよ。もし生地が余ったらクッションカバーや、ちょっとした収納の目隠しなどに利用すれば統一感のあるインテリアに。

Do.:高い位置に設置する

窓のトップラインよりも高い位置にカーテンレールを設置すると、カーテンを閉めた時に縦のラインと面が強調されて、空間がより大きく感じられます。もちろんその分カーテン生地は多く必要となりますが、エレガントな雰囲気を作ることができますよ。 こちらはfujie textileの美しいカーテン。

Do:適切な素材を選ぶ

お部屋のスタイルに合わせて適切な素材を選びましょう。例えばラスティックスタイルやカントリースタイルには麻やインド綿のような天然の豊かな質感が楽しめる素材、クラシックスタイルには艶感とボリューム感があり、ドレープがきれいに出る柔らかい素材というように。レースのカーテンも織り目や薄さで見た目が変わるので注意して見てみましょう。

Do:既製カーテンを使用

オーダーや手作りでなく、気軽に購入できる既製のカーテンを使用する人も多いでしょう。昨今は遮光・遮熱タイプや形状記憶、抗菌、もしもの住宅火災の時にも燃えにくい防炎加工がされたものなど、様々な効果が加えられたカーテンが販売されています。以前はそういったタイプのものは色数が少なかったり、あまりスタイリッシュなデザインでなかったりしましたが、現在は選択肢がとても増えました。店舗では一般的に丈直しのサービスも行っているので相談してみて下さいね。

ぜひカーテン選びの参考にしてみて下さいね。感想もお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!