居間と庭に続くデッキ: 小栗建築設計室が手掛けたリビングです。

本当にそれ、全部必要ですか?

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

整理整頓や片付けここ最近ずっと関心が高いトピックだと思います。確かにすっきりと片付いた部屋は、その分インテリアデコレーションも素敵に見えますし、何より住んでいる本人が気持ちいいはず。しかし一度大掃除をしてもすぐに散らかり、綺麗な状態を維持するのは難しいですよね。その原因はものが多いからではないでしょうか?この記事では徹底的に断捨離を進めるためのステップをご紹介します。

もう二度と使わないものはない?

Bumoonが手掛けた子供部屋

家の中を見渡してみてください。ものがたくさんあると思います。ひとつひとつに注目してみましょう。いつも使っているものや、時々しか使わないものがあると思います。その中でもう二度と使わないものはないでしょうか?「まだ使えるから」「いつか使うかもしれない」禁物です。もう使わないと思ったものは思い切って処分してしまいましょう。本当に必要なものだけが残れば、それに愛着が湧いてくるはずです。こちらを参考にして、すっきりとした空間を目指しましょう。

もし捨てることができなければ、新しいものを入れるスペースはありません。

それでももし、ものを処分できないのであれば、残念ですが新しいものを買うことを諦めましょう。家の収納は無限ではありません。洋服にしろ、食器にしろ、お気に入りが増えていくことはとてもいいことですが、やはりある程度は序列を処分していかなければなりません。洋服がパンパンに詰まったクローゼットでは奥にある洋服は取り出せませんし、たくさんお皿が積み重なった食器棚では、下の食器は使う機会が極端に減ることでしょう。自分の家にあった容量を把握し、入れ替えるという発想が重要です。

PHOTO:西川公朗 (Masao Nishikawa)

もし捨てることができれば、絶対に片付けはもっと楽になる(掃除も)

どのような方法であれ、ものを処分し、減らすことができれば、絶対に片付けが楽になります。それは、ものが減ることによってちらかることが減ることにくわえ、ひとつひとつに愛着が湧くので、乱雑に扱うことがなくなるからです。スペアがあるから、ものを大切に使わなくなる、と思いませんか?さらに、掃除も楽になります。ものが少なければ掃除するべきところにものがなくなり、格段に掃除の効率が上がります。掃除の効率が上がれば、家が綺麗な状態で保つことが難しくなくなります。断捨離についてはこちらも参考にしてみて下さい。

友達に手伝ってもらいましょう。でも悪い関係にはならないで。

どうしても自分で捨てられない、という人は思い切って友人に頼んでみましょう。友人は思い出などを関係なく必要か不要かで判断してくれます。ヨレヨレになってしまったTシャツは思い出はいっぱい詰まっているかもしれませんが、多分あなたの友人には価値のないものです。この方法はとても効率よくものを処分する方法ですあが、ひとつだけ注意しなくてはいけないことがあります。断捨離の後、関係を悪くしてはいけません。

1週間毎日何かを小さなバッグに入れましょう。

他の有効なものの処分方法は、まずは1週間毎日1つ不要なものを小さなカバンに入れていきましょう。捨てるわけではありません、まずは仕分けるのです。いらないかもしれない、という動機が重要です。仕分けることで本当に必要なものと不要なものを見分けることが可能なります。いろいろな収納術がありますが、それよりもまずはものを減らすことに注力してください。写真は辻・近川建築設計事務所の毛見の家。

ヤフオクかフリマで売りましょう!!

最後に、不要だと思ったもの、処分するものは単にゴミにするのではなくぜひオークションやフリマで売りましょう。以外にも不要で誰も買わないようなものでも、もしかしたら他人にとっては必要なことかもしれませんし、お金が入ることで処分する気分を全身せてくれます。そして何よりも重要なのはエコロジーであること。なんでもかんでも不要だからゴミにするのではなく、エコロジーを意識した断捨離をしましょう。

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!