木立に佇む家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けたリビングです。

自然と家庭菜園のある庭で暮らす家

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

住空間の中に置かれる植物の効果は言わずともその効果は健康な生活に大いに活躍してくれるものですよね。観葉植物や、鉢植えの植栽など、生活空間に溶け込む植物ですが、人によっては家庭菜園のある住まいに憧れてしまいませんか。少し時間と場所にゆとりがあれば、自家製野菜で食卓を彩る事も。そこで今回ご紹介するのは、周囲を木立で囲まれた軽井沢の別荘地に建つ自然の中の住宅です。なんだか少し羨ましいロケーションの本住宅は、設計事務所アーキプレイスによって計画されました。自然の中で暮らしながら、生活機能や設備は最新のものを用いた空間は、少しずつ自然の鼓動と息を合わせるように、学び取り入れていけるような家となるような住まいです。

林の中の住宅外観

軽井沢の自然の中に建つ本住宅は、渋い色調の木目が印象的な外観。片流れの屋根に切り取ったような玄関開口部分に、環境へ違和感なく溶け込むファサードは自然の中の住宅そのものと言った感じ。手前に広がる広々とした駐車スペースは日曜大工や修理など多目的に活用できそうですね。森に包まれた住宅は見た目にも感覚にも暖かな雰囲気が溢れています。

自然を楽しむリビング

シンプルでスッキリとした印象のリビング空間。ハイサイドライトとローサイドライトの開口で空間に採光を取り込む開口はその効果は人の目線を避けるように自然を切り取るような気持ちのいい効果が生まれます。ハイサイドライトから取り込む採光と共に、木立の木々が臨むことができます。天井の高いリビングは空間の広がりと、二つの異なる効果を生む開口が心地よい寛ぎの空間です。

奥行のある住空間

リビング空間に接続するのは、キッチンスペースと二階ホールスペース。その気積の違いから空間に変化を生み視線の違いや奥行や感覚の違いを感じる事が出来ます。冬の軽井沢の寒さをじわりと暖めるように、天井の高い大きな空間を一挙に薪ストーブで解決です。地元の薪を使用すれば地産地消となって、地球にやさしい住まいですね。

緑を切り取る開口

二階から眺める大きな開口で取り込む自然の木立ち。括り付けカウンターに座れば、目線から天井一杯まで広がる開口は爽快感と開放感を感じる事が出来るはずです。日の移ろいを感じることのできる空間は天気や四季の変化を楽しむことができます。そして壁面収納へ本を納めれば、カウンターに座ってゆったりと心ゆくまで読書を堪能できそうです。

静の中の茶室

自然の中に建つ本住宅はそのロケーションから、近隣はとても静か。その中でも本住宅の茶室空間では格別な「静」を感じる事が出来ます。そこは開口を効果的に設ける事によって明るすぎず、その景色をじっくりと楽しむことができます。暗がりから見る明かりが生むコントラストは静けさと共に自然の音を感じとれる場所かもしれません。開口の先には茶庭が広がります。

家族で楽しむ広いテラス

「L」字型に広々としたテラスを囲う本住宅。その広さから使い方や活用の仕方を考えるだけでもワクワクしてしまいそう。自然の中の木テラスは大の字に寝転がるのだって良さそうです。このテラスではバーベキューが出来るようにちょっとした設備や、近くには家庭菜園も構えているんです。まさしくその軽井沢のロケーションで過ごすには贅沢な空間です。友人を招いて過ごすにはおもてなしが満載な住空間です。

自然の中で楽しむ家庭菜園のある住まいはいかがでしたか?是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!