ダイナミズムに、変化へ対応できる住空間

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

ファッションに敏感な人にとって洋服を選ぶとき、「膨張色・収縮色」を気にする事があるのではないでしょうか。服の色から痩せて見えたり、太って見えたり視覚から感じ取る効果は不思議なものです。洋服の場合は明るい色ほど膨張して見えるそうですね。その範囲は洋服には限らない事かもしれません。そこで今回ご紹介するのは、実際には小さくても視覚として広がりを感じる事が出来る住宅です。白砂孝洋建築設計事務所が提案したのは、コンパクトな住宅の中にダイナミズムを感じるどんな変化にも対応できるような住空間でした。

街並みと外観

場所は横浜市内の住宅街に建つ本住宅。そこは程よい距離感はあるけれど、近隣の住宅に囲まれるような坂の途中です。小上がりの敷地は近隣との目線の違いから環境に変化を与えてくれているようです。前面道路に面する壁には開口はなく閉鎖的な印象を受けますが、コンパクトでシンプルな外観。

淡く開放的な居間

玄関を入るとそこはワンルームのような一体となった広がる空間。入口から連続するように開く開口は外部と内部を違和感なく繋いでいるようです。一見すると、外部からの視線を通してしまいそうなオープンな空間のように感じますが、人の背以上の垣根がしっかりとプライベートを確保。大きな開口は充分な採光と、清々しい通風を取り込んでくれます。

小さな箱をダイナミズムに

玄関入口を正面に空間をながめると、ワンルームに広がるダイナミックな空間。壁から天井へその曖昧な境目と、白を基調にした内装は実際よりも空間に広がりを感じることができます。明るめの玄関建具や階段、梁や家具など、ナチュラルな印象も。無垢のフローリングの床は肌から自然素材を感じることのできる気持ちのいい素材です。

対比のある空間

階段を上がりきった場所から見下げるワンルームのようなスペース。そこは一階と二階のようなロフトのような、曖昧な空間が一体化したまるでワンルームのような構成に。一階へ集中する生活のコアは一見アンバランスのようにも思えますが、そのコンパクトな家が生み出す空間の広がりやダイナミズムを感じることのできるコントラストに。そのコントラストから一体の空間でありながら、用途は完全に分離されたような面白みのある住空間です。

変化に応じる住空間

正面に見えるのは階段や構造と同系の木素材のコンパクトなキッチン。明るくて清潔感のあるキッチンはロフト床からこぼれるスリットの採光が心地よく空間を演出してくれます。日中、充分なほどの自然採光が明るい住空間。ワンルームのような構成によって余分に空間を隔てるモノが無く、自然エネルギーの活用にも。まるで未完成に近いほどの空間の余白や広がり、時間の経過と共に変化へ対応できる柔軟な住空間となりました。

白く開放感のある住まいはいかがですか?是非コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!