House-Sa: 伊藤憲吾建築設計事務所が手掛けた木造住宅です。

中間領域が内外空間を繋ぐ家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

伊藤憲吾建築設計事務所が手がけたこの住宅は、日本の伝統的な建築要素を中間領域として現代のライフスタイルとデザインに置き換えて取り入れた住まいです。南に傾斜する恵まれた敷地条件を生かして外部に対して程よい距離感と開放感をもたらす心地良い空間が魅力的です。

れんがの壁がアクセントになった外観

山に囲まれたのどかな住宅地にあるこの敷地は、南東に道路がある角地。南側に傾斜した立地を生かし、そちらに開かれたデザインを採用しています。東側はエントランスのみの閉じた外観とし、通りからの視線を遮っています。既存の擁壁にコンクリートブロックを新たに補足し外塀を形成した敷地内に計画されたのは、レンガの壁にガルバリウム鋼板葺きのボリュームがズレてのっかったような形態の建物。

南に開かれた中間領域のあるプラン

南側は道路から2mほど高くなっており、比較的プライバシーは守られています。そんな良好な敷地条件をさらに生かすべく、外部環境と内部空間の間に緩衝帯を設けることで緩やかに内外を繫ぎつつ視線を遮り、同時に南に向って開かれた住まいを作り出しています。現代のライフスタイルに調和するように再解釈した縁側、軒下、ベランダ、坪庭といった要素を取り入れた趣きのあるこの住宅、実はローコストでもあるんです。

お洒落な土間空間のLDK

1階は土間空間のLDKを配置。リビングエリアの東側のレンガの壁は庭まで伸び、道路からの視線を遮りながら内外空間に一体感をもたらしています。コストの関係で構材をそのまま現した天井は、素朴かつお洒落な空間を演出し、質感が感じられるレンガやコンクリートといった素材とうまく調和していますよね。「ロフトスタイルの大らかな家」も土間空間が心地良い住まいです。是非ご覧下さい。

木の素材をそのまま生かしたデザイン

木製の立ち壁で囲ったオープンキッチンとコンパクトなダイニングエリアも大きな開口を介して庭空間と繋がります。必要なモノだけに囲まれたミニマルな暮らしがもたらす豊かさが実感できるような住宅ですよね。階段は 軽やかさを強調した木製の片持ち。階段下はオープンになっているので限られたスペースを最大限に広く感じさせます。

抜け感のあるざっくりとした空間構成

階段を上がるとざっくりとした空間が広がります。北側にはスリット状の横長窓を設け、必要な採光を取り入れつつ、ちょっとした抜け感を作り出しています。2階も1階同様に構造材を現した天井で安心感と温かみのある空間を演出。

半屋内的な空間のベランダ

野縁が連続する軒と縁側のような木張りの床面、そして格子の手摺など和の要素をモダンなデザインでまとめたベランダをぐるっと建物の周りに配置。 半屋内的な緩衝帯としてプライバシーを保ちながら住空間を外部環境と緩やかに繋げています。

ローコストでも作れる豊かな住まい

こちらは水廻り空間。隣には開放感と明るさをもたらす坪庭を設けています。ローコストでもちょっとした工夫をすることで、豊かな空間を作ることができるんです。リーズナブルな設備やインテリアアイテムでもお洒落な雰囲気ですよね。それぞれのライフスタイルによって何にお金をかけるかが変わってくるのが家づくり。限られた予算の中で敷地条件を最大限に生かしつつ豊かな住まいをデザインしたい人、是非参考にしてみてください。

写真:destyle 河崎秀一

控えめなデザインなのに豊かな空間が広がる住まい、いかがでしたか?是非皆さんの意見を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!