家族の願いを叶える大らかな家 | homify Japan

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

家族の願いを叶える大らかな家

JUTO JUTO
西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けた木造住宅です。
Loading admin actions …

子育て世代の家族に是非参考にしていただきたい素敵な住まいを紹介します。「 自主性や創意のある子供を育てたい、広い庭で家庭菜園を楽しみたい、家族構成や趣味の変化に対応できる許容力のある家に住みたい」といったクライアントの願いを叶えるべくARBOLが手がけたのは、大らかで温かみを感じられる家。様々な工夫が散りばめられた楽しい住空間が魅力的です。

白いガルバリウム鋼板葺きのモダンな外観

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けた木造住宅です。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

自分たちのライフスタイルや夢を実現するために郊外に引越したクライアントが選んだのは、坂道の途中にある角地。密集した住宅地であるにもかかわらず開けた立地によって開放感が感じられます。石積みの擁壁にモダンな佇まいが引き立ち、街並みに新しい表情を添えています。

優しい表情を作り出す切妻の屋根

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けた木造住宅です。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

切妻屋根を採用したユニークな形態の建物は道路面より少し高い位置に配置し、東西に庭空間を設けています。正面ファサードは三角のFIX窓だけの開口によってプライバシーを確保。視線を遮りつつ内部からは空の様子を眺められる開口部が外観にアクセントをつけています。

伸びやかなワンルームタイプのLDK

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けたリビングです。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

シンプルな土間の玄関から続くワンルームタイプのLDKです。玄関と並んで天井の低い部分にキッチンを配置し、吹抜けのある大空間をダイニングとリビングエリアに。ナチュラルな色合いの木の素材をふんだんに使った優しい雰囲気の住空間が小さな子どものいる家族にぴったりです。

家族が集る家事テーブル

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けたキッチン収納です。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

キッチンとダイニングの間に造作で設けた大きなテーブルがあります。これは家族がみんなでパン作りやアイロン掛けなど家事を楽しみながらコミュニケーションを図るためのもので、この家の中心的存在です。用途を確定しないのがこの家の特徴。キッチンは 木の素材とも相性の良いステンレスをメインとした機能的なデザインを採用。さらに時間の節約にもなる食洗機など充実した機器を取り入れています。

三角のハイサイドライトから取り入れる採光と風景

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けたダイニングです。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

南側にも三角のFIX窓をハイサイドライトとして設け、視線を気にせずたっぷり採光を取り入れています。ダイニングテーブルは食事が楽しくなりそうな丸テーブルを採用。背後にはディスプレイやワークスペースとしても使えるカウンターを設置しています。ちょっとしたスペースの有効利用とお洒落な演出によって暮らしを豊かに彩っています。

外部と程よい繋がりを作り出す開口デザイン

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けたリビングです。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

庭の風景を程よく取り入れる開口のデザインにも一工夫。大きな掃き出し窓と小さな窓を組み合わせた開口は、 閉じながらも開かれることにより外部環境との曖昧な関係性を作り出しています。 クライアントの希望であったテラスから続く庭では家庭菜園を楽しんだり、子どもたちが元気に遊ぶことができます。「様々な屋外空間のあるのびのびと暮せる家」も子どもとのびのびと暮せる大らかな住宅です。是非ご覧ください。

フレキシブルに対応する住空間

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka: arbolが手掛けた窓です。
arbol

西松ヶ丘の家 House in Nishimatstugaoka

arbol

2階には開閉可能なインナー窓を設置。吹抜けを介して1階のLDKと緩やかに繋がります。様々な用途に使えるスペースなので家族構成の変化にも対応可能なんです。切妻屋根の勾配がそのまま現れた天井が家全体を包み込み、家族がより近い距離感で住まう家を表現。またトップライトやハイサイドライト、小窓など実に多くの開口を設けていますが、床暖房を取り入れたり空気の循環に配慮した高気密高断熱の住性能にもこだわった持続可能な住宅でもあります。

包み込まれるような温かみのある住まい、いかがでしたか?是非みなさんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!