K-House : 一級建築士事務所オブデザインが手掛けた家です。

木に触れながらシンプルに暮らす。アトリエのある木造住宅

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

住まいを快適にするためには、その土地にあった設計をすることはもちろんですが、実際に肌で触れる素材にも心配りをするとさらに居心地がよいものになるでしょう。従来の日本家屋は、「紙と木でできている」と外国人に驚かれたように、日本の気候に合ったということから木造の住宅が中心となって普及されてきました。工業の発達によって、だんだんと合板やプリントされたような素材の採用も増えてきていますが、住まいの心地よさはやはり自然素材のほうが勝るでしょう。今回ご紹介するのは、千葉県の住宅地に建つ木造の住宅です。一級建築士事務所オブデザインが手掛けたこの家は、シンプルな住まいの内装にさりげなく木をあしらい、無駄のない心地よさを実現しています。

柔らかな色でまとめられた木造住宅の外観

家全体は、ベージュカラーの外壁がベースとなり、木材がアクセントになって全体が調和しています。直線的なラインが伸びやかな印象を与え、青空とのコントラストが温かな雰囲気を持つ外観となっています。中心にある木があしらわれた壁は、リビングから繋がるウッドデッキが独立性を持つことができるような働きをしています。塗装を自然に施す程度に押さえられたラスティックな木の素材は、年を重ねるごとに風合いや色を変化させ、この家での暮らしの楽しみを与えてくれるでしょう。

木を基調とした内装

LDKは一部吹き抜けが設けられています。床材は無垢材のフローリングが採用され、キッチンのカウンターや収納、TVスペースは明るく優しい色合いのシナ材がシンプルな中に温かみを添えています。木造の住宅ならではの、構造材の柱も無垢材の素材感が心地よく圧迫感を感じさせることがありません。吹き抜けに続く階段はアイアン素材が採用され、シャープなフォルムとブラックカラーが全体の空間を引き締める役割を担っています。外壁の延長で階段の横の壁面は同素材の木材があしらわれ、室内と外部のつながりがより開放的な印象を持たせます。少しずつ素材の持つ特徴がある木材が空間全体に採用されることで、常に木の香りや風合いを体で感じることができる居心地の良い空間が広がります。

開放感を与える大開口の木製サッシ

LDKの中心にあるのは、たっぷりの開放感をもたらす大きな木製サッシです。リビングが一面この大きなサッシによって、周辺が住宅に囲まれた土地でありながらめいっぱいの開放的な景色を家の中へ取り込むことが可能です。リビングから伸びるウッドデッキ、その向こうに広がる庭の緑を眺めることができ、風を感じながら寝転びたくなる喜びのある空間になりました。

広々とした作業のしやすいアトリエ

ウッドデッキにつながる、木で隔てられているように見えるスペースは広々としたアトリエになっています。角度を変えてみるとこちらからもウッドデッキへ出ることができ、家全体は回遊できる動線も持っていることになります。ゆったりとしたフロアスペースに、木造の広いカウンターや収納棚がたっぷりと設けられ使い勝手が抜群です。作業に集中しやすいような環境が整っていると暮らしがより豊かになり、メリハリのある生活ができることでしょう。

ゆったりと疲れをとることができるバスルーム

システムバスと、オーダーメイドの良い部分を半分ずつ取り込むことができるハーフユニットのバスルームは、施工性や耐久性、使いやすさなど現代の技術を生かしながら自由さを取り入れることが可能です。全体を木造の壁面とし、木の香りと柔らかさを楽しみながらゆったりとバスタイムを楽しむことができます。樹脂製のシステムバスが主流となっている現在ですが、こうした木造のバスルームは毎日の時間の心地よさを増し、暮らしにプラスの豊かさを与えてくれるでしょう。

木の素材を楽しめる家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!