メインリビング-1: 一級建築士事務所 Atelier Casaが手掛けたリビングです。

程よい距離感を生み出す、中庭のある二世帯住宅

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

二世帯住宅で大事なのが家族同士の程よい距離感。それぞれの世帯が自らの居場所を確保しつつ、他の家族の気配を感じられる、そんな住まいが理想的なのではないでしょうか。今回ご紹介する一級建築士事務所(株)アトリエカーサが手掛けたこちらの二世帯住宅では、3つの中庭を設けることによって心地の良い距離感が実現されています。では早速見て行きましょう。

​モダンな佇まい

敷地は北海道苫小牧市内。大きさや素材の異なる箱を組み合わせたような外観が印象的です。外壁にはガルバリウム鋼板を主として、一部に木が用いられ、モダンながらもあたたかみを感じられる佇まいとなっています。

​家族の気配を伝える中庭

こちらは両世帯の間にある一つ目の中庭。中庭によって物理的な距離を確保しつつ、大きく取られたガラス面によって家族の気配を伝えます。程よい距離感を実現するバッファゾーンとしての中庭、とても素敵なアイディアですよね。また、四方を囲まれた中庭では、プライベートを確保しつつ開放的な外部空間を楽しむことができます。

​落ち着いた雰囲気のメインリビング

こちらはメインリビングの様子。家具や窓の高さなどが全体的に低く抑えられ、ほっと落ち着く空間です。床にはウォールナットの無垢フローリングが採用されています。白い壁とダークな色合いの床や家具がコントラストを成す素敵な空間ですね。

​明るいダイニングキッチン

ダイニングキッチンは、上部の吹き抜けからたっぷり光の射し込む明るく開放的な空間です。こちらには7人掛けテーブルと一体で製作した造作キッチンが配置されています。シンプルで、すっきりとしたモダンなキッチン。大きなカウンターや壁面にある大容量の収納など、使いやすさの面でも優れています。

​ナチュラルモダンな鉄骨階段

メインリビングから階段ホールを望んだ様子です。中庭に面して配置された鉄骨階段には踏板に床材同様ウォールナットの無垢材フローリングが使用され、モダンかつあたたかみある仕上がりとなっています。また無駄のない軽快な佇まいの階段なので空間に圧迫感を与えませんね。

​タイルがアクセントの洗面コーナー

洗面コーナーには人数の多い家族でも快適に使用できるよう、二つの洗面ボウルが設置されています。水回りに使用されたタイルが空間のアクセントとなっています。

​温泉気分が味わえる浴室

クライアントのこだわりが詰まっているという浴室。石で製作した造作風呂は、温泉地の高級旅館のような趣です。自宅に居ながらにして温泉に居るような気分を味わえる空間を目指し、床、壁、浴槽には天然石が用いられ、また吐水口の形にまでこだわって作られています。天井には香りのよいヒバ材が使用され、また縁のスリットからは暖かい光が漏れ出し、空間を柔らかく包み込みます。こんな空間で窓からの景色を見ながら過ごす入浴時間は究極の癒しのひと時ですね。

​ロフトのある子供部屋

各子供部屋にはロフトスペースが設けられ子どもたちの遊び心をくすぐる造りとなっています。床にはリビングよりも明るい色味のフローリングが採用されています。シンプルかつ、ナチュラルで温かみのある明るい空間が子供部屋にぴったりの雰囲気ですね。

程よい距離感を生み出す、中庭のある二世帯住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!