清掃に関するアイディア7選

林 直樹 Naoki Hayashi
Loading admin actions …

部屋を綺麗にすると気持ちがいいですが、徹底的な掃除は骨が折れますし、なかなか億劫な作業です。効率よく掃除する方法は色々と紹介されていますが、この記事ではhomifyらしい家の視点から清掃に関するアイディアを7つご紹介したいと思います。部屋を綺麗にすることでスッキリしますし、何よりインテリを見直すいい機会になるはずです!

季節の節目の模様替えと清掃

季節の変わり目は大掃除のいいタイミングです。特にインテリアのデコレーションを入れ替えると必然的に掃除することにつながりますので、このタイミングは気合を入れて掃除しましょう。年に4回掃除すれば、祖霊がは日々簡単な掃除でも年中通して綺麗な状態が続くはずです。まずは仕舞うインテリアデコレーションは来年も使うはずですので、汚れを綺麗に取り払って補完できるようにしましょう。ファブリックやテキスタイルは取り外して洗濯しましょう。季節によって交換するものを確認すると同時にその周辺を掃除してしまうことで、一気に掃除がはかどるはずです。写真はDWARFのS’s house。

寝室

寝室は、綺麗にすることで快適な睡眠が得られるため、日々気にしておきたい部屋のひとつです。まずは布団とシーツは常に綺麗にしましょう。布団は乾燥機や天日干し、シーツは定期的に洗濯し交換しましょう。寝室にクローゼットがある場合はクローゼットの衣替えと同時に掃除をしてしまいましょう。寝室ではカーテンや障子などの外の光を遮るものが重要ですが、それらも埃などがたまりやすい場所なので一気に掃除をしてしまいましょう。あとは寝室は散らかってしまうことが多いので、日々散らからないように余計なものを持ち込んだりしないようにしましょう。

バスルーム

水周りであるバスルームは最も汚れやすい場所のひとつであり、掃除の大変な場所です。まずは水垢ですが、できればバスルームを使用したあとは乾燥させるように、窓や乾燥機をつけましょう、ガラス窓がある場合は水垢が目立ちますので、定期的に清掃が必要です。パッキンなどのカビも乾燥によって防ぐことができますが、発生してしまった場合はやはり市販薬などでの清掃がオススメです。排水溝はこまめに掃除することによってつまりを防ぐことができます。近年では、水はけが良いバスルームの床などもありますので、そういったもので清掃の手間を省くことも可能です。他のバスルームのアイディアこちらから。

キッチン

キッチンは最も目が行きやすく、清掃も頻繁に行う場所ではないでしょうか。まずは水周り。ゴミが排水溝にたまらないように定期的に取り除いた上で、飛び散った水は拭き取ることで水垢にならずにすみます。食器を乾燥させる棚は水が溜まって汚くなってしまいますので、定期的に水を捨て、汚れてきたら食器用洗剤で洗ってしまいましょう。収納するときに水がついたままですと汚れの原因になるので、調理器具はしっかり乾燥させて。あとはゴミ箱は長いこと放置してしまうと臭いの原因となりますので、取り替えましょう。多くの人がきちんと清掃していると思いますが、なるべく綺麗な状態を維持することが最も大切です。

リビングルーム

リビングルームは比較的清掃しやすい場所ではないでしょうか。流行りあまり汚れにくい場所ですし、色々なものが目に入りやすいので、片付けも頻繁にしていると思います。リビングルームは床に落ちた髪の毛や小さなゴミが溜まりやすいので、掃除機で取り除くか、自動で働く掃除ロボットなどを置いておくことで綺麗な状態が保てます。あとはテーブルがある場合は定期的に拭き掃除を行いましょう。ソファーは隙間に汚れが溜まりやすいので定期的に隙間を掃除することで大掃除のときに汚れに驚かずにすみます。他にもこちらのアイディアを参考にしてみてください。

子供部屋

子供部屋は汚れやすい場所です。一番の対策はものをあまり置かないようにすることですが、勉強道具からおもちゃまで多くのものがあふれることになると思います。ですので片付けやすい環境を整えましょう。それによって部屋を掃除しやすくなります。床はゴミが溜まりやすいので、定期的掃除しましょう。ベッドは寝室と同じで、シーツを交換し、布団は干しましょう。子供部屋は低いところに汚れが溜まりやすいので、重点的に確認することをお勧めします。

清掃と賢い収納について

収納が多ければ、ものが散らからず清掃しやすいということになるのでしょうか。半分は正しくて、半分は間違いです。確かに収納が多ければ、掃除の邪魔になることはないでしょう。しかし収納の部分にも堀などが溜まりますので、一概にいいとはいえないと思います。しかし綺麗に収納し、インテリアとして機能していればやはり綺麗に整った家に見えるため、収納をきちんとマネジメントすることは清掃されたインテリアを構成する要因なのは間違いありません。ぜひ収納を生かしつつ、清掃しやすい部屋を目指しましょう。

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!