明るく開放感を感じさせる住宅地に建つ家

Kiyohide Hayasi Kiyohide Hayasi
Google+
Loading admin actions …

住宅地は家を建てるには多くのメリットがあります。交通の便が良かったり、必要な設備が揃っているなど、生活を送りやすいでしょう。ですが、問題が無い訳ではありません。例えば隣家が目の前に迫るため、プライバシーを守りにくくなります。また開放的を作るために庭を造るれば、外から家の中を覗かれてしまいます。そこで、紹介したいのは、こうした住宅地の問題に取り組んだ家です。それは開放感が得られ、プライバシーを守れる家になっています。

住宅地に建つ家

今回紹介する家を手がけたのは一級建築士事務所HAUS。敷地は兵庫県の神戸市にあります。そこは周りに多くの家が建ち並ぶ住宅地。そのため住宅地に起こりがちなプライバシーを守れないこと、そして開放感が得られないことについて考える必要がありました。本住宅はこれらの問題に応えて、心地良い暮らしを送れる空間を実現させています。

シンプルな外観の建物

家が建ち並ぶ住宅地では本住宅は目立つでしょう。それは地下室を備えた2階建ての建物。その外観はとてもモダンなものに見えます。外壁は黒色にまとめられて現代的な印象を感じさせるでしょう。建物には目立つようなものは取り付けられていません。外壁にあるのはごく僅かな数の窓だけ。そのため家の中の様子を見ることはできません。このような無駄をそぎ落としたシンプルなデザインのため、そのフォルムが際立って見えます。

中庭が生み出す開放感

窓が少なく外壁が目立つ家であるため、プライバシーを守ることができます。ただしそうなってしまうと普通の建物であれば、開放感は得られないでしょう。ですが、ここでは開放感が得られるように考えられています。それを生み出すのは、家と外壁に囲まれた中庭です。それは、もちろん囲まれた空間であるため外から覗かれることはありません。それにも関わらず、外の空気を吸い、そして暖かな太陽の光に浴びることができます。そのため、たとえ囲まれた空間であっても開放感を楽しむことができるのです。

明るい室内空間

このような家の中に広がるの心地の良い空間です。壁は白色にまとめられていて明るい空間を演出しています。そこではフローリングや、木で作られた家具が木の暖かさを感じさせてくれます。このような空間を満たすのは明るい光。外壁には窓が少なくても、外から見ることができない中庭に向けて多くの窓が設けられているため、多くの光を取り込むことができます。そのため窓が少ないよう見えても、家の中は明るくなっており、気持ちの良い空間で暮らしを送るのができるのです。

気持ち良く暮らせる家

家の1階には中庭を活かした空間があります。庭の一部はウッドデッキが広がり、家の中から気軽に出入りができる空間になっています。また2階にあるテラスの下にもウッドデッキが作られており、屋根代わり雨から守ってくれるのです。そのため天候に関わらず、開放感を得ることができるのです。このような住宅であれば、周りに多くの家が建つ住宅であっても、気持ち良く暮らせるに違いありません。

住宅地に建つ家について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!