House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた家です。

3つの中庭を持つ内部に開かれた住まい

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのはDEN NEN ARCHITECTUREが手掛けた工場地帯に位置する住まい。クライアントが基本的に窓を開けない生活を希望したため、中庭、全館空調機など、窓を開けずとも外部空間を感じ取れ、快適に過ごせるような工夫がなされています。またクライアントは40代夫婦で、こちらは、おそらく「終の棲家」となる住まい。生涯を過ごす空間として、二人の想い、こだわりが詰まった住宅となりました。では早速見て行きましょう。

​ミニマルモダンな外観

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた家です。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

キューブが積み重なったようなミニマルでモダン、どこかバウハウス的ともいえる外観が印象的です。ご紹介した通り、敷地は工場地帯に位置しているため、外壁の白い部分は汚れ防止のため光触媒塗装で仕上げられています。そして、ウレタン塗装を吹き付けた部分が真っ白な部分とコントラストを成しています。この仕上げの違いは、後々ウレタン塗装部分に班が出るように故意に成されたもので、「綺麗につくりあげるだけで建築は美しくならないと思う。」という建築家の思いが込められています。完ぺきではない箇所や自然そのままの素材と対比させることで、際立ったり、再発見される美しさ、そのような美によって深みのある空間が実現されるのです。

​間接照明によって浮き上がる静かな佇まい

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた家です。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

大きな窓から漏れる光と間接照明によるライトアップが印象的な夕景。静かで凛とした佇まいですね。右手奥に玄関部分への入口が配置されています。外に閉じている分、内部には3つもの中庭が配置され、外部空間とのつながりを感じることができるようになっています。

​中庭が「とりもつ」空間

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた庭です。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

栗石の敷き詰められた中庭のある玄関部分。ガラス越しに見えるのはダイニングスペースです。中庭に面して開かれた、外観と対照をなすような開放的で明るい空間ですね。

​白を基調とした内部空間

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けたダイニングです。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

ダイニングスペースから中庭方向を望んだ様子です。室内は床から天井、キッチンに至るまで白でまとめられ、シンプルでモダンな雰囲気が漂います。窓は基本的にはめ殺しのものが使用されており、外の景色が切り取った絵のように映ります。無駄のない透明感ある空間ですね。また床からの間接照明も幻想的な雰囲気を演出しています。

中庭の緑が映える

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた家です。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

キッチンのとなりにも中庭が用意されています。植栽の緑が真っ白な空間に彩を添えています。

​外部へと連続する空間

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けたリビングです。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

こちらはリビング空間から中庭方向を望んだ様子です。ガラス張りに面した中庭の効果で、まるで空間が外部へと連続しているかのようです。キッチンから連続する壁面収納のバックに張られたたウォールナットの源平柄のパネルが真っ白の空間にナチュラルで温かみのあるアクセントを加えています。

​柔らかな光に包み込まれる寝室

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた寝室です。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

寝室も中庭に面しています。シンプルでコンパクトにまとめられた空間ですが、ここも外へのつながりを感じることができる開放的な空間です。また、ベッド脇の間接照明が空間に柔らかな光をもたらしています。

​開放的な癒し空間

House in Ako: 設計組織DNAが手掛けた浴室です。
設計組織DNA

House in Ako

設計組織DNA

バスルームも白とガラスを基調とした透明感ある明るい空間です。洗面室と浴室はフラットな床でつながっています。また、浴槽の横の大きな窓は庭に面しており、ここでも空間が外部に開かれています。周囲の視線を気にすることなく、中庭を望む開放的な空間で一日の疲れを癒すことができますね。

3つの中庭を持つ内部に開かれた住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!