我孫子の家: 白砂孝洋建築設計事務所が手掛けたリビングです。

船のような広いデッキが広がる住まい

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家に必要なのは何でしょうか。色々なものが必要となるかもしれませんが、中でも心地良さは最重要なものの1つでしょう。家は生活するための場所。そのため食事をしたり、お風呂に入ったり、眠ったりと、多くの時間を過ごすことになります。そんな場所が心地良くなければ、人生の多くを居心地の悪い場所で過ごすことになります。そこで紹介したいのは心地良さを考えた住まいです。それは広がりを作ることで、気持の良い空間が生み出しています。

日当たりの問題があった場所に建てられた家

今回紹介する家を手がけたのは白砂孝洋建築設計事務所。家の敷地は千葉県の安孫子市にあります。家が建てられたのは多くの家が建つ住宅地。そこには急な斜面が広がっており、そのために陽が遮られる可能性がありました。そこで多くの光を取り込みながら、明るさが感じられる住まいが、ここでは考えられています

モダンな外観

住宅街に建つ本住宅は少し目を引くかもしれません。2階建ての住宅は通りから見ると、黒い建物が見えます。それは屋根も外壁も黒色の同じ素材にまとめられています。そのため黒色のモダンなオブジェのようにさえ見えるかもしれません。通り側から見ると、シンプルでモダンな印象を感じさせる家ですが、反対側に回ると、その印象は覆されるでしょう。そこに広がるのは斜面に囲まれた庭です。その上にはウッドデッキが取り付けられており、開放的な雰囲気が漂っています。

開放感を感じさせる室内

家の外観が感じさせるモダンさ、そしてウッドデッキが感じさせる開放感は、家の中でも感じることができるでしょう。家の中に足を踏み入れると、白色の美しい壁が見えます。天井も合わせて白色にまとめられているため、清潔感やモダンさを感じさせてくれます。一方庭に設けられたウッドデッキは、家の中から気軽に外へと出られるため、開放感を感じさせてくれるのです。

吹き抜けが生み出す明るい空間

このような家で考えられたのは多くの明かりを取り込むこと。例えば、斜面の影に入らないように、斜面側では建物が高くしています。そのため、2階建ての建物であっても3階建て相当する高さになっています。そんな3階にあたる壁に設けられたのは大きな窓。そこからは多くの光を取り込めるようになっています。また、その光が1階に届くように、窓の下は吹き抜けとなっており、明るく開放的な空間が生み出されています。ここでは光に満たされた高い天井の下で、心地良いひと時を過ごすことができるでしょう。

もう1つのリビングルームとなるテラス

庭に設けられたウッドデッキは、庭を覆い尽くすほど広いものになっています。それは家の床と同じ高さになっており、また家との間にあるガラス窓は収納することができます。そのため窓を収納すれば、ウッドデッキはまるで1つの部屋のように感じられるでしょう。そこは屋根が無いため、外の風にあたり、太陽の光を浴びることができます。そのため天気が良ければ、ウッドデッキは屋根の無いリビングルームとして、家族の憩いの場所になるのです。

明るい光に包まれて生活が送れる家

本住宅は心地良さを生み出すために家の明るさについて考えられていますが、それ以外にもウッドデッキや吹き抜けによって、家は圧倒的な広がりを得ています。そのため家の中にいても圧迫感や閉塞感を感じることはないでしょう。そして、そんな広がりの中で、明るい光に包まれて心地良い生活を送ることができるのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!