屋上テラス: 株式会社 安井秀夫アトリエが手掛けた学校です。

屋上テラスがもたらす豊かで楽しい暮らし

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

屋上のスペースを上手に活用していますか?今回は素敵な屋上テラスを持つ住まいの例を5つご紹介します。景色を楽しむため、日常の喧騒を逃れてリラックスするため、リビングやダイニングの代わりに、人と集う場所として等、その利用の目的や可能性は様々。あなたに合った屋上テラスの活用法をぜひここで見つけてください!

屋上テラスで家族や友人と集う

住宅街のはずれに位置し、周囲に緑が広がる恵まれた敷地に建っているこの住まい。開放的で広々としたウッドデッキの屋上テラスは、リビングにもダイニングにも、お子様の遊び場にもなりそうな快適な雰囲気となっています。晴れた日はこのテラスから富士山も望めるそう。休日は家族でバーベキューをしながらリラックスした時間を過ごしたり、親しい友人たちを招待して気兼ねなく語らったりするのも気持ちいいかもしれません。屋上テラスによって人が集まったり交流が生まれやすくなったりと、暮らしの豊かさが広がりますね。こちらはHAN環境・建築設計事務所の手掛けたプロジェクト「鎌倉玉縄テラス」からの例です。

都市の風景を楽しむ屋上テラス

こちらの屋上テラスは有限会社角倉剛建築設計事務所の手掛けたプロジェクト「小さなブロックを繋げた木造3階建て住宅」からの例です。都心の3階建てに作られたこの屋上テラスはとてもシンプルな作り。けれども見晴らし台にいるかような奥行きのある眺めが楽しめ、それだけで心がスッキリとリフレッシュできそうです。広い空とビルが立ち並ぶ昼間の都市風景ももちろん素敵ですが、夜も美しい夜景が期待できそうなテラスですね。

屋上テラスでガーデニング

こちらは株式会社 安井秀夫アトリエの手掛けたプロジェクト「落合のコートハウス 6ハウス6ガーデン」からの例です。都心の狭小敷地にある住まいですが、周りは住宅に囲まれていながらも視界を遮る高い建物はないという利点があります。そこで屋上にハーブや緑があふれるスペースもあるデッキテラスを設け、開放感とリラックス感を味わえるようになっています。広い敷地を持つことが難しい都市部では、住まいにを設けることはなかなか簡単ではありませんが、屋上をアウトドアリビングとして利用する一方で、ガーデニングや家庭菜園のスペースとしてシェアして楽しんでもいいかもしれません。

屋上テラスでリラックス

都心の住宅密集地にあるこの住まい。コンクリートのクールな外観が印象的な4階建てとなっており、1階と2階は仕事場に、3階と4階は住居として利用しています。プライバシーを確保するために外側は閉じ、中央に吹き抜けの中庭を設け、内側に向かって開いた作りが特徴的。さらに屋上にはこのようにテラスがあるので、のんびりとコーヒーを飲むなどリラックスすることが可能です。屋上テラスによって忙しい都会の暮らしも、自分の時間を楽しめる豊かなものになっているようですね。このプロジェクト「千駄ヶ谷の家」は松井建築研究所によって手掛けられました。

ジャグジーのある屋上テラス

高台の傾斜地に建つこの住まい。大きな特徴はジャグジーと水盤のある広々とした屋上テラスです。夜は水盤とジャグジーもこのようにライトアップされ、ラグジュアリーで幻想的な雰囲気になります。日中は青空の下で開放感を満喫し、夜はロマンチックな夜景を楽しみながらジャグジーでくつろぐアーバンリゾートの毎日は優雅で憧れますよね。日頃のストレスもこの屋上テラスに来れば一気に吹き飛んでしまうことでしょう。このプロジェクト「River Views House」は株式会社中村建築設計事務所によって手掛けられました。

屋上テラスのある住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!