独立した二世帯が集う家: 設計事務所アーキプレイスが手掛けた家です。

2世帯住宅のイメージが変わる!家族が集うモダンで快適な住空間

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

2世帯住宅」というと、両親と同居をする家という古いイメージを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、最近の2世帯住宅はとてもお洒落でモダンに生まれ変わっているのをご存知ですか?そもそも2世帯住宅といっても、その住まいの在り方には多様なスタイルがあり、従来の完全同居型はもちろんですが、玄関などの一部を共有して他の生活スペースは分ける部分共用型、玄関も住まいも全て分ける完全分離型など色々です。さらに最近では、2世帯住宅であることのメリットに注目が集まっていたり、新しい生活スタイルによって2世帯住宅の在り方もアップデートされていたりします。今回はそんなモダンな2世帯住宅の例を5つご紹介。それぞれ魅力的な空間となっていて、将来的に2世帯住宅を考えている方や、そうでない方も、何か住まい作りの参考になるアイデアが見つかるかもしれません!

スタイリッシュな2世帯住宅

こちらはSTAD(株式会社鈴木貴博建築設計事務所)の手掛けたプロジェクト「terrasseの家」です。田んぼや畑が広がるのどかな雰囲気の周辺環境の中、ブルーと白、そしてアクセントにナチュラルが組み合わせられたスタイリッシュな外観が目を引くこの住まい。1階に寝室などのプライベート空間を、2階にLDKなどの2世帯家族がみんなで過ごせるパブリック空間を設け、リビングの延長空間として使えるテラスも設置されています。さらに屋上にも広々としたテラスが設けられており、こちらは開放感や見晴らしを楽しみながら、家族みんなで集まったり、友人を招いてバーベキューをしたりなど、有意義な時間を満喫できるようになっています。

都市部の狭小2世帯住宅

こちらは充総合計画 一級建築士事務所の手掛けたプロジェクト「ENCLOSE」です。20坪という住宅地の狭小敷地に建てられたこの2世帯住宅は、玄関も居住空間も別にした完全分離型。お互いの家族のプライベートを重視して、自分たちのペースで快適に暮らすことが出来ます。お洒落なデザインな上に、駐車スペースがきちんと確保されていたり、住まい内部には収納スペースも設けられていたりと、アイデアを駆使して空間を上手に利用することで狭小住宅とは思えない豊かな住空間が出来上がっています。

エレベーター付き2世帯住宅

こちらは設計事務所アーキプレイスの手掛けたプロジェクト「独立した二世帯が集う家」です。さわやかな白が印象的なこの住まいは、玄関のみを共有し生活スペースは親世帯と子世帯で独立した構造となっています。また珍しいのは、親世帯住居は日当たりのいい3階に配置されていること。ご高齢になったら移動が大変なのでは?と心配になりそうですが、実は内部にホームエレベーターを設置しているので上下の移動時も安心ということです。

撮影:大沢誠一

長屋をリノベーションして2世帯住宅に

松虫の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい-: atelier mが手掛けた家です。
atelier m

松虫の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい-

atelier m

こちらは、四軒続く長屋のうち真ん中の2棟が2世帯住宅となっている例。リノベーションによって、内部構造も外観もモダンに生まれ変わっています。この家にはお子様のいるご家族とそのご主人のお母様が同居しており、住まいの中2階にお母様用のリビングを設けた作り。お互いが気を遣わず、自分たちのペースで過ごしながらも、常に気配は感じられるように工夫されているそうです。古き良き長屋の中にモダンな2世帯住宅が並び立つという、新しい街の風景が出来上がっていますね。このプロジェクト「松虫の長屋〈renovation〉-5段の距離がいい-」はATELIER Mによって手掛けられました。

親世帯住居と子世帯の仕事場のドッキング

ミラボと実家 /a couples working studio & their parents home: 3--labが手掛けた家です。
3--lab

ミラボと実家 /a couples working studio & their parents home

3--lab

自宅に仕事場を持ち自宅兼オフィスで働いている方も多い今日この頃ですが、こちらは「親世帯の住居」と「子世帯のオフィス」が併設されているという、とても珍しい住宅の例です。この3--LABの手掛けたプロジェクト「ミラボと実家/a couples working studio & their parents home」は、建築家の両親が住む家に、自身の仕事場を離れの様に設けており、2階の張り出した部分がそのオフィス空間となっています。「実家に帰る」という改まった気持ちでなくても、仕事に来れば両親の様子も自然に分かるというスタイルがとても新鮮ですね。ちょっとした時に両親と一緒にご飯を食べたりお茶を飲んだり、またお子様がいる方は、仕事の間にご両親に見てもらうことも出来そうです。この住居スタイルは、働きながら子育てをする家族にとっても強い味方になるかもしれませんね。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ    

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ   

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀    

募集ページはこちら

2世帯住宅にもいろいろあることが分かりましたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!