マドの家: 充総合計画 一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

2台分の駐車スペースもしっかり確保!公園の緑が楽しめる二世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、狭い私道と隣家に密接するという、限られた敷地の条件の中で建てられた二世帯住宅です。クライアントさんは住まいに2台分の駐車場も希望していたということで、空間の使い方にたくさんの工夫を施し、お洒落で個性的な住まいが完成しました。手掛けたのは、東京を拠点に活動する充総合計画一級建築士事務所です。この「マドの家」と名付けられた二世帯住宅とは一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

シックでモダンな正面の外観

住まいは、4mの幅の私道の突き当たりにあります。約32坪という敷地で、接道は2mというとても狭い幅の上に、隣家との距離もこのように非常に近く、空間をうまく使うためのアイデアが必要だったことを感じます。しかし、そんな苦労を思わせないような、モダンでスタイリッシュな住まいの外観。二世帯住宅となっており、異なる大きさの開口がバランスよく設けられています。道を進むと、隣家の隙間からそっと顔を出すかのように見えてくるお洒落な住まいは、きっと目を引く存在となっていることでしょう。

たくさんの開口がある南側

南側の外観です。「マドの家」という名前の通り、大きさの違う開口部がたくさんあることで、豊かな住まいの表情を形成しているのがよく分かります。外壁にも変化がみられるデザインで、シックな印象の正面ファサードとは対照的ですね。敷地の南側は公園に面しており、各部屋の開口を通してその公園に広がる緑が楽しめるようになっています。

半地下にある駐車スペース

クライアントさんは、2台分の駐車スペースを希望していました。ただ、接道が2mというとても狭い幅しかない条件の中で、これを実現するのは至難の業。住宅の一部と駐車スペースをこのように半地下まで掘り下げたことで、上手に2台分の駐車場を確保しました。家全体はスキップフロアの作りとなっており、二世帯住宅分の生活スペースを十分に取ることに成功しています。

広々とした玄関土間

こちらは、玄関土間の様子です。木のフローリングに白の壁と天井で、シンプルながらも明るく落ち着いた雰囲気。風の通りも良さそうで、気持ちのいい作りの玄関です。あらわしとなっている梁や柱の木材がインテリアのアクセントとなっています。奥はシューズ用クローゼットで、家族が大人数でも十分な収納力があり便利です。

公園の緑が楽しめる部屋

キッチンからダイニングを臨んだ様子です。南に面する窓からは、気持ちのいい光が差し込み、前には公園が広がっています。ダイニングの階段を上った半階上は、リビングとなっており、同じように窓から公園の緑が楽しめるようになっています。隣家に接して建っている住まいですが、南側は公園に面しているおかげで、視覚的に奥行きが出来、開放感を味わえるようになりました。

木の質感が気持ちいいバスルーム

こちらはバスルームの様子です。壁や天井にふんだんにサワラ板を使用し、木の質感が優しく感じられ、まるで温泉旅館に来ているかのようなリラックス感を味わうことが出来ます。高窓からはたくさんの光を取り込み、空間は明るく快適。これなら、毎日癒しのバスタイムが過ごせそうです。

難しい条件の敷地ながらも、駐車スペースがしっかりと確保された二世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!