上溝の家: 前田工務店が手掛けた樹脂サッシです。

深い庇に包まれる心地のいい家

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

家の中で一番お気に入りの居場所はありますか。リビングのソファで寛ぐひと時、和室でごろ寝する時、書斎で過ごすひと時、実にさまざまですよね。ちょっぴり懐かしく感じるのは昔ながらの家にあったような畳や板間、縁側の傍で心地のいい日差しの下で過ごす時間かもしれません。ご紹介するのは、深い庇が特徴的な外観を作り、「どこにいても濡縁にいる時のような時間を味わうことができる」住空間を叶えた住まいです。前田工務店の手がけた「上溝の家」はその庇によってどこにいても濡縁にいる時のような時間を過ごすことが出来ます。間取りも日本家屋に習うように襖で仕切られるフレキシブルなプランです。

特徴的なフォルムがつくる印象的な外観

上溝の家: 前田工務店が手掛けた木造住宅です。
前田工務店

上溝の家

前田工務店

敷地があるのは神奈川県相模原上溝、穏やかな住宅地に建つ本住宅は大きな開口がありながらも大きく垂れるような深い軒が特徴的でモダンなデザインです。ホワイトカラーに木素材のナチュラルなカラーのシンプルな配色で心地のいい外観に。二階部分に開いた大きな開口を包み込む庇のつくる印象的なフォルムはシンプルでスタイリッシュなモダンテイストの印象にも。

深く伸びる庇が特徴的

上溝の家: 前田工務店が手掛けた木造住宅です。
前田工務店

上溝の家

前田工務店

庭先から一階テラスへとアプローチすると、二階の庇のダイナミックさを間近に感じることが出来ます。日中にはしっかりと太陽の日差しをコントロールしながら、日の移ろいを感じさせてくれます。バルコニーから顔を出せば一階のウッドテラスで寛ぐ家族ともコミュニケーションが容易な繋がりをも感じられるデザインです。

懐かしさを感じる室内プラン

上溝の家: 前田工務店が手掛けた和室です。
前田工務店

上溝の家

前田工務店

扉から室内へと踏み込むとすぐに広がるのは畳の間。まるで古民家のように、上りの間から始まるような懐かしさを感じられるプラン。シンプルでモダンな外観の印象からはちょっぴり意外性を感じられるかもしれません。内装仕上げはシンプルにながらも、建具にはインパクトを残す和家具テイストをアクセントに。

フレキシブルな変化が出来る機能的な住空間

上溝の家: 前田工務店が手掛けた和室です。
前田工務店

上溝の家

前田工務店

二階へと上がると階段上がってすぐに畳の間へ、奥の部屋の壁まで見通すことが出来る一体的な空間が広がります。フロアはそれぞれに畳、板間と異なる仕様で仕上げられ、一体的にも、分節的にも空間を活用できるフレキシブルさを持っています。奥の間にも差す日差しが空間の広がりをより一層感じさせてくれます。

庇に包まれるゴロゴロ出来る居場所

上溝の家: 前田工務店が手掛けた樹脂サッシです。
前田工務店

上溝の家

前田工務店

外観に見た特徴的な庇がかかる二階の畳の間。室内側から見る庇はまるで大きな船の帆のようにも、そのダイナミックさにどこか守られるような安心感すら感じられます。お天気のいい日には開口をフルオープンにして、心地のいい日の差す畳の上でゴロゴロするのもいいですよね。

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!