MUEBLES RABANAL SLが手掛けたウォークインクローゼット

お金がもったいない!季節の衣替えでやりがちミス5個

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

寒い日が続き、春を待ちわびる気持ちが高まる今日この頃。季節の変わり目を迎えるとやらなければならないのが衣替えです。クローゼットの整理整頓の絶好の機会でもある衣替えですが、知らず知らずのうちにミスを犯している方はお金を無駄にしているのと同じなんです。気を付けたい五つのミス、詳しく見ていきましょう!

先のことを考えていない

この服はもう来年まで着ないからといってそのままクローゼットに放り込んでいませんか?今すぐ着ないからこそ手入れをして仕舞わなければいけません。洗濯をし、必要であればアイロンをかけてからクローゼットへ。汚れや虫食い、カビなど服が痛む原因を取り除き、次に取り出したときに気持ちよく着用できるように、衣類の素材にあった適切な手入れをしましょう。適切な手入れは衣類の寿命を延ばして、結果お金の節約につながります!

不用品まで買ってしまう

なんでも入る大きなクローゼットはうらやましいものですが、収納量が大きいと本来いらない物まで買ってしまいがち。特に新作が出るシーズンは要注意です!値札が付いたままの衣類や雑貨がクローゼットにたくさんある… という方はまず断捨離が必要です。収納量に甘えず厳しくいきましょう!

無計画に始める

大掃除や引っ越し準備を途中で投げ出したことがある人… 少なくないはずです。衣類が多い方は季節の衣替えもかなりの重労働。先述した洗濯や手入れを含めると一日作業になってしまいます。途中で投げ出すと部屋はぐちゃぐちゃに、衣類が逆に汚れることになりかねないので、衣替えを始める前にきちんと計画を立てましょう。今日はニット類の手入れと収納、明日はレザーの靴やスノーブーツの手入れ… と一日に自分が行える作業を見極めて計画立てを。

収納家具の手入れ

湿気が多い部屋の場合は収納家具や収納ボックス、押し入れなど収納スペースの手入れも行いましょう。衣類の手入れをしても収納自体にカビが生えていたり、汚れが溜まっていては意味がありません。特に紙製や植物繊維のバスケットなどを使用している場合は、天日干しにしてしっかり乾燥&殺菌しましょう。

スペースを無駄にしている

家具の選択やレイアウトを間違えるとデッドスペースが生まれます。これではせっかくスペースが無駄になりもったいないですね。衣替えでクローゼットの中身をいったん全て出した時、これが家具を移動させるチャンスです。なんだか使いにくい、部屋が狭いと感じているなら新たなレイアウトを試してみましょう。労働が無駄にならないように、事前にスペースと家具のサイズを計測しておくのが大切です!

無駄が一切ないこちらのドレスルームはドイツのキャビネット専門家によるもの。

五つのポイント、衣替えを行うときに思い出してくださいね!感想もお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!