張り座 ベンチ(貼り生地:レザー): 株式会社 3rdが手掛けたです。

レザー家具のお手入れ方法は?

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

皆さんはレザー家具のお手入れされていますか?本革の靴などと同じく、正しい方法でお手入れすることによって、レザーの寿命は確実に伸びます。反対にこの手入れを怠ると、色褪せやひび割れが起こり、劣化の速度に拍車がかかってしまいます。動物性のものですから、スキンケアと同じく、正しい方法で、定期的にお手入れをしてあげましょう。革製品は、使い込むことでさらに趣も愛着も増すもの。末長く付き合っていきたい相手ですね。

基本の乾拭き

homifyが手掛けたリビング
homify

Living room

homify

レザー家具と言えばまず思いつくのがソファやアームチェアなどの家具です。毎日使うもので、直接肌に触れることも多い家具類なので、ハウスダストの他にも汗や皮脂などの汚れが気になるところ。まずは定期的に、週に一度程、乾拭きを行うことをお勧めします。その際、表面のホコリを優しく拭きとる程度にしましょう。ゴシゴシと強く拭いてしまっては皮の表面を傷つけたり、汚れを皮の溝の中に押し込むことになり、かえって逆効果です。こちらのリビングは、淡い色彩を基調とうしたインテリアが素敵です。グレイのアームチェアを置くことによって、空間がさらにエレガントで繊細なものに仕上がっています。

お勧めの掃除道具は?

Design Interventionが手掛けたリビング
Design Intervention

Kasara Townhouse

Design Intervention

乾拭きの際用いる布は、コットンなどの天然素材がお勧めですが、マイクロファイバークロスなどを用いても良いでしょう。超極細繊維で、糸くずが出ず、水や汚れを効果的に絡め取るので、掃除も楽です。スエードなど、起毛加工のタイプのレザー家具は、ブラッシングでホコリを落とされると良いでしょう。

隙間のホコリは掃除機で

定期的に拭き掃除を行っていても、ホコリはどこにでも積もります。レザー家具の縫い目などに溜まってしまったホコリは、掃除機を使って吸い取りましょう。革は繊細なので、その際も優しく、掃除機で家具の表面を傷つけないように気をつけましょう。こちらのアームチェアは、矩須雅建築研究所のオリジナル家具シリーズから。洗練されたフォルムで質の良い家具は、見ているだけでも満たされた気分になれますね。

定期的なメインテナンス

レザー家具を長く使うためには、レザー家具専用のクリーナーとプロテクターでのメインテナンスが大切です。新品の家具の場合はプロテクターを塗布することにより、家具を汚れから保護することができるので、その後のお手入れも楽になります。革の加工タイプにより対応しているクリーナー、プロテクターが違うので、注意が必要です。初めて使用する時は、ソファの背の下部など目立たない箇所で色落ちしないかテストしてみましょう。メインテナンスは、汚れ方にもよりますが、通常は年に数回程度を目安にされると良いでしょう。

食べ物や飲み物をこぼしてしまった時

張り座 ベンチ(貼り生地:レザー): 株式会社 3rdが手掛けたダイニングルームです。
株式会社 3rd

張り座 ベンチ(貼り生地:レザー)

株式会社 3rd

気をつけていても、汚れはついてしまうもの。でもその時の対応が早ければ早いほど、シミは目立ちません。もし食べ物をレザー家具の上に落としてしまったり、飲み物をこぼしてしまった時は、乾いた布巾で直ちに拭き取った後、自然乾燥させましょう。そのままにしておくと、シミや型崩れの原因になります。また、レザーは熱に弱いため、ドライヤーで乾かしてはいけません。

避けるべきものは?

本革は水に弱いので、水洗いは避けましょう。また、石鹸や中性洗剤など、レザー対応していない製品は、絶対に用いてはいけません。レザーの保護クリームも、ハンドクリームや革靴のクリームではなく、必ず家具用のものを用いるようにしましょう。シミや色落ちの原因になり、レザーの風合いが失われます。

直射日光を避けて配置

椅子はバラバラ: Sisustaが手掛けたダイニングルームです。
Sisusta

椅子はバラバラ

Sisusta

革製品は、基本的には丈夫で長持ちするものですが、前述の通り熱に弱いです。変色や傷みを避けるため、レザー家具を置く位置は、直射日光を避けた場所を選ぶようにしましょう。もし配置場所が直射日光を避けれない場合は、レースカーテンなどで保護されると良いでしょう。また同じ理由から、ストーブのすぐそばなどの配置はやめましょう。

適切なお手入れで、レザー家具を長持ちさせましょう。コメントをお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!