S-house: coil松村一輝建設計事務所が手掛けたキッチンです。

機能的なキッチンを作るには?

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

機能的なキッチンは、日々の生活で頻繁に使う場所を快適なものにしてくれます。必要なものが取り出しやすく、すっきりと収まる収納を考えて作ることが、キッチンを機能的なものにするためのポイント。では、どのようなデザインにしていくのがよいのでしょうか。使い方や一緒キッチンに立つ人数によっても動線は変わってきます。そうした条件も踏まえて考えていきたいですね。今回はそんな素敵なキッチンをご紹介していきます。

機能的で使いやすいキッチンとは?

機能的で使いやすいキッチンって、どんなものでしょうか。キッチンを使う頻度、調理器具をたくさん使うタイプなのか、食材はしっかりストックしておきたいタイプなのかによっても、求められる形は異なるもの。収納スペースは、たくさんあるに越したことはないとは思いますが、例えばミニマルライフを実践されていらっしゃる方には過度の収納は不要でしょう。まずはどれくらいのものを置きたいか、どんな風に使っていきたいかをしっかりリストアップしてみましょう。

Photo: 笹の倉舎 笹倉洋平

コンパクトでもひとひねり

家を新築したりリフォームしたりする場合、料理好きの方ならば、力が入るのがキッチンまわりのことなのでは?住まいのサイズによっても、台所として使えるスペースは異なります。小ぢんまりとした住宅ならば、キッチンもコンパクトサイズになりがち。限られたスペースを使いやすくカスタマイズしていくことで、機能的なものになります。こちらのキッチンはコの字型。頻繁につかう調味料がコンロのそばのくぼみにはまるスタイルは、とても使いやすそうですね。

収納にもこだわって

機能的なキッチンと聞いて思い浮かべるものというと、収納の使いやすさ、とされる方が多いのではないでしょうか。必要なものが取り出しやすいと、作業の効率もそれだけでアップして、ストレスフリーな家事が実現できそうですね。こちらのお宅のオープンキッチンでは、うまい具合に見せる収納、隠す収納が組み合わされています。調理に必要となる菜箸やフライ返しなどの小物は、目の前に吊るす事で取り出しやすく。食器や食材のストックなどは、背後の棚に収められているのではないでしょうか。使いやすくすっきりとしたキッチンは、いつ来客があっても慌てなさそうです。

Photo: Akihide Mishima

動線と収納を考えて

キッチンで調理をするときに、使いやすいようにするためには、コンロとシンクの位置関係や、収納へのアクセスについて考えておくことが必須となります。こちらは滋賀の建築家・Alts Design Officeの手がけたお宅。倉庫をリノベーションしたような住まいを目指して作られたそうで、取り入れられている調理台は機能性を重視したシンプルなデザインで、インテリアにもマッチしています。頻繁に使う鍋などはコンロ下の棚に仕舞うなど、アクセスもシンプルでよさそうですね。

すっきりデザイン

機能的なシステムキッチンというと、例えばドイツ製のものを思い浮かべられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、ドイツのお宅に設置されたシステムキッチンは、扉付きの棚や引き出しなどがすべて統一されたデザインで、物が扉の奥に仕舞われているため、常に整った印象になります。コンロやオーブンなどもワークトップや棚に収められているため、無駄な凹凸も少なく、すっきりとしたデザインになります。

多機能キッチン!

最後にご紹介するこちらのキッチンは、機能的という面からいうと、右に出るものは無いかもしれません?!コンパクトサイズながらも、コンロは四口で、一見調理スペースが少ないように見えますが、シンクの上にぴったりとはまるサイズのまな板の上が使える仕組みです。ワークトップの下は四つの大きな引き出しがあり、ゴミ箱になっていたり、食器棚や臨時のミニテーブルとしても活用が可能。他にも小引き出しやワインなどのドリンクホルダー、充分な調味料用の棚もあり、かなり使い勝手がよさそう!現代版フランクフルターキッチンといったところでしょうか。

ニーズに合わせて作りたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!