遊び心のある大人のシャビーな空間: 株式会社スタイル工房が手掛けたです。

中古マンションを自分色に染めよう

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

中古マンションを自分好みにリフォームする方が増えていらっしゃるようです。耐震などの問題がクリアになれば、中古物件の方が新築よりも手が届きやすいですよね。古い間取りを解体して、好みのデザインへと変えることで、新築と遜色ないすてきな住まいに変身できます。今回は、そんな中古マンションのリフォームについてご紹介します。家を購入するかリノベーションかと、お考えの方必見です!素敵に生まれ変わったお宅をご覧ください。

中古マンションもリノベーションで新品に!

中古マンションと聞くと、ちょっと躊躇してしまうという方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではいわゆるヴィンテージマンションを購入してリノベーションをされる方が増えてきているのだとか。古いや床などを取り払って、新しいデザイン、素材のものを取り入れるため、一見したら新築とかわらないというのが大きな魅力のようです。こちらもリノベーション物件。広々としたLDK空間がとても気持ちよさそうですね。

壁を取り払って開放的に!

中古マンションの古い間取りは、今どきのライフスタイルにはそぐわなくなってきています。多くの方が、既存の壁を取り払って新しく区切ったり、ワンルームとして作り変えたりされるようです。こちらのお宅は福岡県の建築家・Nano Architectsの手がけたリフォーム物件。ワンルームとしつつも、空間にわずかな段差を付けたり、ガラスのパーテーションを取り付けることで、やんわりとゾーニングをしています。おしゃれなカフェっぽさを感じさせるインテリア、素敵ですね。

インナーテラスで変化を付ける

中古物件のリノベーションは、壁を取り払うことが多いですが、こちらでは窓を取り払っています!昔ながらの団地によくあるボックス型住棟を改修するプロジェクトで作られたこちらの空間。元々は部屋として作られた部分を、窓を取り払うことで、ルームテラスとして利用できるようにしています。屋根付きなので、屋外のような屋内といった空間で、意外に活用方法が広がりそうですよね。ベランダもなかった部屋に広々としたルームテラス!魅力もアップしますね。

Photo: Kenta Hasegawa

壁にもアレンジを

中古マンションのアレンジでよく見かけるのが、建築構造をむき出しにして、インダストリアル風のインテリアへと利用する方法。確かにとてもおしゃれですが、それを好まない方もいらっしゃるでしょう。こちらのお宅では、建物のコンクリート構造が見えつつも、木材を上手に取り入れることで、自然のあたたかさが感じられるインテリアを実現しています。特に壁に注目!画面中央部にはニッチを造作し、さらに壁の一面にも古材を貼ることで、おしゃれなニュアンスが感じられる空間に。

床にもニュアンスを付けて

中古マンションをリノベーションするにあたり、よくあるのが和室から洋室への転換。畳の匂いも心地よくリラックスを促してくれますが、最近の住宅事情から考えると、リビングにはフローリングが一般的でしょう。折角床を新しくするのであれば、色や素材にもこだわりたいですよね。こちらのお宅では、床をヘリンボーン柄にしています。空間全体は、ナチュラルテイストでシンプルな造りとなっているため、より床の柄が引き立っておしゃれさがアップしますね。

キッチンも使いやすく

中古物件のリノベーションで使い勝手がぐっとアップするのが水廻り。特にキッチンは、好みの高さや収納の場所や数にも個々に求めるものが異なるため、自分好みにカスタマイズできるととてもうれしいものですよね。こちらでは、シンプルなオープンキッチンに、背後にはたくさんの収納が造作されています。形も高さも変化がつけやすいデザインとなっていて、使いながらベストの収納法が探れそう。棚の扉もアクセントとなって素敵です。

Photo: 飯貝拓司 

中古でもいいとこどり!素敵な住まいにしたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!