トイレ+玄関: TATO DESIGN:タトデザイン株式会社が手掛けた浴室です。

トイレの間取りについて知っておきたい6つのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

トイレの間取りを家づくりの中であまり重要なものとして考えてない方もいらっしゃるかもしれませんが、プライベートな場所でありながら家族だけでなくゲストも利用する開かれた場所でもあるので、家の中でも実は間取りなどを決めることがなかなか難しい部分なのです。そこで今回は、トイレの間取りについて是非知っておきたいポイントを紹介していきたいと思います。家全体の間取りや家族の好みに合わせてバランスのいい場所に配置していきましょう!

トイレの間取りの重要性

トイレの位置は他の部屋の間取りを決めた後に最後に決めればいいと後回しにする方もいらっしゃるかもしれませんが、それではトイレだけでなく、他の部屋の快適性や居心地の良さを下げてしまう可能性も大いにあります。例えば、リビングやキッチンからトイレの中が見えたり、トイレの排水音が寝室で寝ている家族の睡眠を妨げてしまうことあり得ます。そうしたことからも、トイレの間取りはしっかりとしたイメージを持って、リビングなどの生活空間と一緒に積極的に計画していきましょう。

洗面所を介するトイレの配置

HUBER NATURSTEIN bei Münchenが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
HUBER NATURSTEIN bei München

MASTERBAD AUS PIETRA PIASENTINA KALKSTEIN

HUBER NATURSTEIN bei München

ここからはトイレの間取りの代表的な例を2つ見ていきましょう。1つ目は、洗面所を介するトイレの配置です。この間取りでは洗面所が緩衝となり、リビングなどの生活空間から直接トイレが見えることがないこと、また洗面台をそのままトイレの手洗いとしても利用することができるメリットがあります。それに対して、トイレを誰かが使っていると浴室が使いづらいなどのデメリットがありますので、2階などにもう1つトイレを設置するなどすると安心でしょう。

玄関横のトイレ

2つ目に挙げたいトイレの間取りは、玄関横に置かれるトイレです。リビングやキッチンから見えないようにするとどうしても玄関横になってしまうということも少なくありません。一昔前までは玄関で近所の人と話し込むことも往々にしてありましたし、何と言っても廊下のある家が多かったことから、廊下にトイレを配置すれば問題がありませんでした。しかし、最近では廊下をなくしてその分生活空間のスペースを広くしたいという傾向が強く、玄関横のトイレはそうした廊下のない間取りの家でもトイレをリビングなどから離しやすくなります。しかし、その分玄関扉を開けた時や玄関にゲストがいる時にトイレの中が見えてしまわないような配置にしていきましょう。

階段とトイレの位置

Bloomint designが手掛けたリビング
Bloomint design

HOTEL CAL REIET – GUEST HOUSES

Bloomint design

2階建ての住宅では1階と2階にトイレを設けると便利ですが、もちろんトイレを1つだけにする住まいもあるでしょう。その際には階段とトイレの位置についてよく考えておくといいでしょう。というのも、2階建ての住宅の場合、2階に寝室や子ども部屋を置くことが多いと思いますが、1階だけにトイレがあると夜トイレに行く時に階段を下りる必要が出てきます。その時に階段とトイレの位置が離れていては使いづらいですし面倒に感じてしまうでしょう。階段を下りるとすぐにトイレがあるような出来るだけトイレに行きやすい間取りも考えてみて下さい。

窓について

近年のトイレは多機能で性能も高く、換気の機能も非常に優れています。そうしたことから換気のためにトイレに窓を設けることにはあまりこだわらなくいいでしょう。もちろん窓があれば、明るく清潔感のある空間にもなるので、そうしたことを目的に窓を設置してみてもいいかもしれません。こちらの空間建築-傳 一級建築士事務所が手掛けた住まいでは、トイレの壁の一面をそのままガラスにし、その外には坪庭を設けて、トイレを明るく清潔感のある空間にするだけでなく、安らぎも感じられる場所にデザインされています。

余裕のあるトイレの広さ

9 cross: ATELIER A+Aが手掛けた浴室です。

トイレの広さは出来るだけコンパクトにして、その分リビングなどの生活空間を広くしたいという方も少なくないのではないでしょう。しかし、もし可能であれば、トイレにも余裕のある広さを与えてみてはいかがでしょうか。それによって、老後や小さな子どもがいる家庭にとってもトイレが使いやすくなりますし、先程のような安らぎをもたらしてくれるトイレにすることも可能となるでしょう。最近では、洗面所と浴室、トイレを1つの部屋に収めて、より大きな空間で開放的な場所にする住まいも増えています。それについては、「解放感と自然を感じる洗面所&トイレの作り方」も是非参考にしてみて下さい。

それぞれの家族にとって使いやすいトイレにしていきましょう!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!