みなみきつきの家: 伊藤憲吾建築設計事務所が手掛けた木造住宅です。

城下町に建つ時間を継承する家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

ご紹介する住宅は城下町にある景観条例が指定された場所に計画されたもの。様々な規制があるにもかかわらず、伝統的な要素がモダンなデザインに融合し、魅力ある住空間が生まれました。歴史ある地域のこれからの景観を創るこの住宅を手がけたのは伊藤憲吾建築設計事務所。さっそく見てみましょう。

伝統的な要素を受け継いだ外観

まるでタイムスリップをしたかと思うような街並みが残る歴史的な場所に計画された住宅です。城下町らしく周囲の既存建物と同様に日本瓦を乗せた屋根が凛とした佇まいを見せ、格好いいですよね。伝統的な要素を踏襲しつつ、格子を白塗りにしたり大きな開口を採用することでモダンな雰囲気を添えています。前面道路からセットバックさせた位置に建物を配置し、手前にはゆったりとした砂利敷きの庭空間とアプローチを設けています。

焼き杉がもたらす味わいのある佇まい

味わいのある焼き杉で囲った突出部分はインナーコートを配置。中庭とは格子で仕切り、お互いが緩やかに繋がります。庭に面して設けた縁側のようなテラスは内部とフラットに繋がり、リビングの延長として積極的に使われるアウトドア空間です。「歴史を継承するモダンな家」も地域のコンテクストに沿って伝統的なエレメンレトを取り入れた住まいで、内外空間を一体化させる大きな開口が印象的です。是非ご覧ください。

大きなガラスのモダンな明かり取り

コンクリートのポーチがそのまま土間として内部まで続く玄関は、大きなモダンなガラスのFIX窓が印象的。焼き杉の外壁と白い塗り壁、そしてナチュラルな玄関扉が調和するお洒落で落ち着いた雰囲気のエントランスです。視線はそのまま奥の開口を介して裏の緑の風景まで抜ける演出にも思わず目が奪われます。

吹抜けのある大らかなLDK

構造体を現した天井が醸し出すラスティックな雰囲気が魅力的なLDKは、ワンルームタイプ。オープンなキッチンからも家族の気配が感じられ、また吹抜けを介して2階のフリースペースの様子もわかるので子育て世代にとっては嬉しいですよね。引き込み式の開口を全開すれば縁側からさらに庭へと空間は広がる開放感たっぷりの住まいです。

借景が彩る内部空間

焼き杉の壁を内部まで延長することで緩やかな一体感を感じさせるデザインが目を引きます。地窓のような低めの開口が連続する壁の上部は造り付けの棚を設置し、家族みんなが様々なモノを収納できるようになっています。リビング上部の吹抜けは、立体的な広がりを感じさせると共に上下階で家族の気配を感じられる心地良い空間を作り出しています。

ナチュラルな素材が作り出す心地良い空間

屋根の傾斜がそのまま現れた2階です。連続する梁や垂木そして棚を構成する木板が、1階と同様に素朴な雰囲気を作り出しています。少し高い位置に設けたテラスは周囲を囲んでいるのでプライバシーが保たれた心地良い屋外空間になっています。

時間を継承する豊かな空間

懐古主義になりがちな条例を踏まえつつ斬新で将来性を感じさせるこの住まいは、様々な屋外空間を建物周辺に配置し内部空間に広がりや開放感をもたらしています。昔ながらの街並みを眺めながらくつろげる縁側は、大きな開口によってLDKと繋がり気軽に出入りできるので、外で過ごす心地良い時間も増えそうですよね。

撮影:イクマサトシ

伝統的なデザインの中にモダンで洗練された雰囲気を持つ住まい。皆さんはどんな風に思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!