多世帯の変化に対応するグッドデザインハウス

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

家族の構成は間隔は違えど変化するものですよね。子供が成人して家を離れたり、年老いた両親と暮らしたり。新しい家を考えるとき、将来の家族の変化に対応できる住まいが好ましいですよね。そこで今回ご紹介するのは三世帯が一つの敷地に住まう将来の変化を考えた住まいです。石川素樹建築設計事務所 MOTOKI ISHIKAWA ARCHITECTSが手掛けたこちらの住まい、住宅が密集する旗竿形状の敷地という条件ながら、家族の将来の変化に対応する快適な住空間です。各世帯が丁度いい距離感を保てるような食う風にあふれた住まい、2014年のグッドデザイン賞にも輝くなど、デザイン、機能ともにバランスのとれた住宅です。

シンプルだけどインパクトのある外観に

住宅密集地にある旗竿敷地に建つ本住宅。全面道路からは少しゆとりのあるスペースを持った配置ですが、迫る近隣の建物に挟まれるような環境です。見た目は真っ白で細身のスマートな外観。真っ青な空に三角屋根が際立つ、シンプルながらも存在感の強いデザインに。一階部分は土足のまま入り込める土間空間。ちょっぴり社交的なオープンな空間です。

大きな開口を持つ一階スペース

一階部分の土間空間は大きな引き戸で開閉が可能な空間です。見た目に大きな障子のような引き戸はコンクリートの無機質さと真っ白な内装仕上げに「和」感じる柔らかな要素がプラスされたような雰囲気に。外の自然光がソフトに室内を明るくしてくれます。洋風のレトロなテーブルセットも妙に調和してしまう空間です。

外とのつながりを楽しむ空間

引き戸をすべて開け放つと、敷地いっぱいが一体化したような広々とした空間へ。脇に植わる植栽が近隣からの圧迫感を気持ちよく濁してくれる素材になっているのかもしれません。ご近所の方や家族、人が気軽に集える場所でしょうか。通路も住空間の一部のように取り込んでしまっているようです。内と外を濁す空間は限られた敷地を可能な限り生かす効果の一つかもしれませんね。

迫る植栽も取り込む

庇より背のある植栽は強い日差しをまろやかなで心地のいいものに。建物の外壁に持たれそうなほどの豊かな緑は敷地の中に自然を感じることのできる必須アイテムかもしれませんね。一階の開口を開けておけば緑を通した風や日差しが心地よく感じられそうです。

小さな開口で十分な明かりを

外観のイメージと統一感のある真っ白でシンプルな室内空間。大きな開口はなくとも十分な明るさを得られるのはその真っ白な内装にトップライト、最低限の開口によって室内の奥まで光が伝わるからでしょうか。コンパクトな空間ですが空間に広がりを感じることができます。また極力、開口を抑えることによって、迫る近隣の建物の存在と視線を感じることなく過ごすことができます。

是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!