Maurizio Giovannoni Studioが手掛けたリビング

家具選びをする前に知っておきたい6つのこと

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家具選びをしていく際にどこからどのように始めていいか迷われる方は少なくないはずです。選ぶ家具によって部屋のデザイン性はもちろんのこと、居心地の良さや快適性も大きく変わってきます。そこで今回は、家具選びをする前に是非知っておきたいことを紹介していきたいと思います。選んでいく際にはそのポイントを押さえて、あなたの好みや生活スタイルに合った家具で住まいを設えていきましょう!

家具選びはまず床や壁の仕上げ材と合わせて検討

家具選びでどこからどのように始めていいか迷われている方は、まず部屋の床や壁の仕上げ材に合ったものを探してみると選びやすいと思います。壁や床の色と同じような色から探したり、また同様の素材から選んでみてもいいでしょう。それによって、部屋のインテリアデザインを統一感のあるおしゃれなものにしやすくなります。お店に行って家具選びをする際にも、壁や床材のサンプルを持っていくとより選びやすくなるでしょう。

造作家具

大きな吹抜けと造作本棚の家。薪ストーブに家族が集います。: 株式会社アートハウス が手掛けた和室です。
株式会社アートハウス

大きな吹抜けと造作本棚の家。薪ストーブに家族が集います。

株式会社アートハウス

家具は壁材や床材に合ったものを選んでいくと先程述べましたが、造作家具はまさにその通りの家具となってくれます。造作とは、建物の主要な躯体部分を除く、天井や床、さらには階段や家具といった部分の大工による仕上げ工事を意味します。建築家に住宅を依頼する際に造作によって部屋の家具のデザインもお願いすることで、部屋に合った素材や色はもちろんのこと、こちらの株式会社アートハウスが手掛けた住まいのように大きさや形といったものまで既製品の家具では出来ないような住まいやインテリアと一体になった家具にすることができます。

統一感と合わせてワンポイントとなる家具も

家具選びではインテリアの統一感が保たれるような素材であり色などの選択が基本となります。そうしたことと同時に、その中にワンポイントとなる家具を選ぶことも考えてみて下さい。部屋の中にそうした素材や色、あるいは家具の形としてアイキャッチャーとなるものがあることで、インテリアにメリハリが生まれ、よりおしゃれでオリジナリティ溢れる雰囲気を生み出すことができます。

寸法を平面図で確認

センターテーブル&テレビボードスタイリング: Sisustaが手掛けたリビングルームです。
Sisusta

センターテーブル&テレビボードスタイリング

Sisusta

部屋の大きさなどに対して適したサイズの家具を確認していくことも必ず購入を検討する際に行っていきましょう。その時には住まいの平面図を使って確認していくと、より分かりやすく確実に家具の大きさをチェックしていくことができます。実際に平面図に家具を書き込んでいくと、実際に部屋に置いてみると大きすぎたり小さすぎたというミスもなくすことができますし、どのような配置の仕方が可能かも検討がしやすく、デッドスペースを生まないような空間を有効に使える家具を選んでいくことにもつながります。

高さ方向のサイズもチェック

先程の平面的な確認に加えて、立面的な高さ方向のサイズのチェックも必ず行っていきましょう。高さ方向の寸法とは、椅子の座面の高さやテーブルの高さ、あるいは収納棚などの高さといったものが挙げられますが、こうした寸法が少し違うだけでも座り心地や使い心地など、家具の快適性に大きく影響しますので、実際に椅子に座ったり収納棚の扉を開け閉めするなどして自分にとって丁度良い寸法のものを見つけてみて下さい。

多機能家具でスペースを節約

Allnaturaが手掛けたリビングルーム
Allnatura

Funktions-Couchtisch Lucido

Allnatura

部屋があまり広くなく、その中でも快適でおしゃれなインテリアにしたいという方もいらっしゃると思います。ソファやテーブルのような家具は部屋の中で比較的大きな面積を占めることになることから、そのスペースを有効に使うためにも多機能な家具を選んでみてもいいでしょう。収納付きのベッドや伸長式のテーブルなど、1つで2役も3役も果たしてくれる家具を選んでいくことで、家具が占める面積を抑えることができすっきりとしたインテリアとすることができるでしょう。多機能家具については、「小さな家にパーフェクトな多機能家具18選!」も是非参考にしてみて下さい。

上手に家具を選んで、おしゃれでオリジナリティ溢れるインテリアにしていきましょう!コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!