メゾネット空間のつくり方

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

近年集合住宅によく採用される「メゾネット」の住居ですが、そもそもメゾネットとは住居内が上階と下階に分かれているタイプの住宅で、現在では集合住宅なのに2フロアある住居のことを指す建築用語です。しかし近年では解釈もまばらになってきて、インテリアデコレーションや使い方なども多種多様になってきています。そこで本記事では現代的なメゾネットを生かした空間づくりの事例についてご紹介します。

メゾネットのメリットとは?

メゾネットとは、集合住宅の良さと一戸建ての良さをミックスしたような住宅で、その長所はなんといっても開放的な空間を作りやすく、最高や通風も優れている点と言われています。特に一戸建てのような床面積をもち、マンションのように暮らせるという点では、人気があり、稀少性が高い物件と言われます。一方で階段が必要なため、有効面積の効率は下がらずを得ないでしょう。また吹き抜け型であれば冷暖房効率も悪くなってしまいますので、一長一短、自分にあったタイプを探してみてください。

メゾネットの高さを検証する

メゾネットは、ロフトと違い2フロアあるということですので、2階部分が窮屈な天井高ではありません。しかし2フロア分しっかりと天井高を確保することも難しくなるので、吹き抜け部分と合わせて解放感を確保する必要があります。また階段が急勾配になりがちですので、小さな子供がいる家庭では、十分注意が必要です。写真は【快適健康環境+DESIGN】森建築設計の横浜の二世帯住宅。階段に関してはこちらも参考にしてみてください。

メゾネットの種類

近年ではメゾネットがより広く解釈されており、単に2フロアあるだけでなく、中二階的な意味を持ち合わせています。また一見踊り場のように見えるメゾネット部分も増えてきていますので、空間を有効利用するためにも様々なメゾネットの種類が出てきています。写真は、とても珍しいですが、メゾネット部分が洗面所になっているタイプのもの。使い方はあなた次第です!

メゾネット空間の有効利用方法

メゾネット空間は、窮屈に感じるものも多いはず。たとえば写真のように階段と棚を掛け合わせたようなシェルフを設置したようなものから、多目的空間など用途としては自由に使うことができます。ただし階段が関係してくるとどうしても動線にはなってしまいますので、収納やストレージとしてはなかなか使いづらいと思います。できればデコレーションした本棚など、窮屈にならないインテリアデコレーションを採用することをオススメします。

多様化するメゾネットの使い方

K's HOUSE: dwarfが手掛けたリビングです。
dwarf

K's HOUSE

dwarf

中二階としてのメゾネット空間は多様化しています。これまでは単に2フロアとして別の機能として使うことが普通でしたが、吹き抜けのメゾネットになったことで、1階部分との関係性を重要視するようになってきました。たとえば、写真のように和室の空間にして、居間のように使うこともできますし、寝室のように使うことも、客間として使うことも可能です。単にフロアが分かれた住宅ではなく二つのフロアを緩やかにつなぐことによって、視線には入らないけど人の存在感を感じる建築空間がつくることができるようになりました。

複数の機能をもつメゾネット

階段を中心にスペースが囲む: (有)菰田建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
(有)菰田建築設計事務所

階段を中心にスペースが囲む

(有)菰田建築設計事務所

メゾネットの空間が多様化することによって、さらに状況によって複数の機能をもつ空間として使うこともできます。たとえば、写真のような上階のフロアのさらに上にロフトのような空間をもたせて、寝るスペースとして使ってみたり、その下の部分は寝室の一部のようでありながら、居間や団欒の場になっていたりなど、部屋の関係性や境界を緩やかにすることができます。他にもメゾネットの空間についてはこちらから。

撮影 新 良太

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!