CIRCLE: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた家です。

空に開かれた庭のある家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

直接庭に面しているわけではないのに心地良い風や光そして豊かな自然の移ろいを感じられる住まいを紹介します。クライアントの要望であった建物下の3台分の駐車スペースを確保すると、自然と建物のボリュームは2階へ集中します。ATELIER O2が提案したのは、建物中央に穴を開け空へと抜ける計画。中庭のようなその穴を中心に配置した生活空間を驚くほど暖かく明るいものになりました。

ピロティ式の駐車スペースと隣接して設けた屋外空間

マンションや築年数の経った住宅が混在する住宅街にある敷地に計画されたのは、屋根のある駐車スペース3台分を確保した住宅。殺伐とした周辺環境を考えて外部に対しては閉じたデザインとし、プライバシーを確保しました。屋外駐車スペースを設け、道路からセットバックして建物を配置することでさらに外部環境からの距離感を強調。ブラックの鋼板葺きで仕上げたシャープな印象の外観です。1階はピロティ式の車庫、そして中央のアプローチを兼ねた半中庭空間そして寝室などのプライベートな居室を配置しています。

空に向って開かれた住まい

中央の屋外空間及び車庫スペースの外壁はファサードとは打って変わって白の鋼板葺き仕上げに。日の光が反射し、室内に明るい採光をもたらします。庭にはシンボルツリーを植え、2階の居室からその眺めが楽しめるようになっています。

木の素材を使った温かみのあるエントランス

玄関廻りには木板の縦張りを採用。クールになりがちな鋼板葺きの外観の印象を和らげています。質感を感じさせるダークブラウンの壁と統一した玄関ドアですっきりと。2階は屋外空間に向って最大限に開かれるように設けた大きな開口の枠にも木を使って温かみのあるデザインを意識しています。

段差と光が生み出す豊かな内部空間

敷地は北に向って緩やかに傾斜しており、その敷地の形状が建物内部にもちょっとした段差として現れています。若干掘り下げることで蓄熱体としての役割を持たせた1階の居室は暖かさを確保すると共に、木の素材や柔らかな光が織り成す陰影によって温もりを感じさせる心地良い空間に。

中庭を中心に配置したLDK

庭空間を囲むように2階に配置された主要な生活空間です。1階の寝室の関係で生まれた段差がリビングとダイニングキッチンの間に緩やかな境界をもたらしています。大きな掃き出し窓を介して外部と一体化する開放的なリビングは、周囲の雑多な街並みを忘れさせてくれそうですよね。開口枠にも木の素材を採用し、温かみのある空間を演出。

広がりをもたらすモダンな和室

リビングとフラットに繋がるタタミのコーナーも設けています。縁なしの畳を採用しているのでウッドフロアと違和感なく調和し、広がりを感じさせる空間を作り出しています。外部に向って設置された開口は絞り気味に。柔らかな光が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

中庭を介して緩やかに繋がる住まい

中庭を介してダイニングキッチンを見てみます。視線は空に抜け、この上ない開放感を味わえるデザインが魅力的ですよね。シンボルツリーの優しい風景を介して反対側にいる家族の気配が感じられる豊かなシーンも生まれる空に開かれた住まいです。閉じることで生まれるプライベート性と開放感に満ちあふれたデザイン、是非参考にしてくださいね。

プライベートな庭空間を介して自然の移ろいを感じながら暮らす家、素敵ですよね。皆さんはどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!