BLACK BOX: 株式会社 ATELIER O2が手掛けた家です。

3つの庭のある家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

経年変化が楽しめる木の素材を取り入れた時と共に変化し深みを増す住宅を紹介します。手がけたのは札幌に拠点を置く建築事務所のATELIER O2。同市に計画された黒い箱状の外観がひと際目立つこの住宅は、プライバシーを重視したいというクライアントの要望で3つの中庭を設けています。自然を身近に感じながらゆったりした時間の流れるような住まいです。

木の外壁が覆う存在感のある佇まい

間知ブロックで雛壇状に造成された敷地は、隣家や幹線道路に囲まれた視線の気になる立地であることから、クライアントが要望したのはプライバシーを確保した住宅でした。道路面よりやや高い場所に位置する敷地には高低差があり一見平屋建てのように見えますが、一部2層のボリュームから構成されています。クライアントの希望であった外壁に採用された木は自ら塗装を施しました。結果として生まれたムラのある仕上げが、まるで時を隔てて変化したような表情を表し、魅力的な佇まいを作り出しています。

庭空間が程よく外部環境と住まいを繋げる

この住まいには3つの穴(庭)を配置し、プライバシーに配慮しながら屋外空間を介して自然の移ろいや心地良さを感じされるプランを採用しています。幹線道路側に設けられた庭は上部を木の外壁で囲まれ、半プライベート的な屋外空間になっており、程よく周辺環境に馴染んでいます。照明で照らし出されるとひと際目立ち、街路に対して優しい雰囲気を作り出しています。

ビルトイン式のガレージとアプローチ

土地の形状を生かして同じレベルで接道する部分には 建物をくり抜くようにアプローチを兼ねた 車庫を設けました。屋根付きの駐車スペースは積雪地域では帰宅した時に雪や雨に濡れずに家の中に入れるのでありがたいですよね。開口のない閉じたデザインですが、表情豊かな外壁と暖かな照明によって親しみのある雰囲気を周囲に向けています。

玄関ホールのピクチャーウィンドウ

玄関を入ると目の前のFIX窓越しにインナーコートへと視線が抜け、開放感と明るさに満ちたエントランスが優しく出迎えてくれます。質感のある壁面とナチュラルな風合いの木が織り成す心地良い内部空間はどれも3つの庭を介して外部の環境と繋がるように計画されています。

木をふんだんに取り入れた内部空間

片流れ屋根の傾斜がそのまま現れた天井が醸し出す大らかな雰囲気のLDKを見てみましょう。壁や天井の仕上げにも木の素材をふんだんに使い、家の中にいても自然の温かみと心地良さが感じられる住まいです。インナーコートに面して設けた大きな開口とハイサイドライトから十分な採光と開放的な眺めを取り入れています。「ロハスな暮らしを実現する畑のある家」も構造の現れた傾斜天井が作り出す大らかな空間が素敵なので、是非ご覧ください。

統一感のある機能的なダイニングキッチン

ダイニングとキッチンです。ダイニングテーブルの天板が延長されキッチンの立ち壁に取り付いた一体型のデザインがユニーク。 立ち壁によって手元が隠せるキッチンは生活感を感じさせません。背後には造作による収納をたっぷり設け、すっきりとまとまっています。動線的にも楽な配置で作業の効率もアップ。

コンパクトながら趣きのある和の空間

こちらはモダンなデザインが目を引く和の空間です。互い違いに設けた小窓がお洒落ですよね。壁や天井にも障子紙を採用することで柔らかな空間を演出。もう一方の壁は外壁と同様に木の縦格子で仕上げ、変化をつけています。さりげなく取り入れたスリット状の開口は適度な採光を取り入れるのと同時に、インナーコートとの関係性を緩やかに築いています。

ゆったりとした時間が流れるナチュラルな雰囲気の住まい、いかがでしたか?是非皆さんの感想を聞かせてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!